ジョージ・ホイニンゲン=ヒューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ホイニンゲン=ヒューン: George Hoyningen-Huene: Жорж Хойнинген-Хьюэн1900年 - 1968年)は、ロシア出身の写真家サンクトペテルブルク生まれのバルト・ドイツ系ロシア人で、ドイツ風にゲオルク・ホイニンゲン=ヒューネ(Georg (von) Hoyningen-Huene)とも表記され、ロシア名も Георгий Гойнинген-Гюне(ゲオルギイ・ゴイニンゲン=ギューネ)の表記がある。主にフランスアメリカで活動した。

ホルスト・P・ホルストマーティン・ムンカッチの中間点に位置するようなファッション写真家である。伝統的な美と新しい感性(屋外での撮影や複数のモデルの同時使用)がその作品の中で融合し、調和しているといえる。屋外でのファッション写真の撮影は、彼の作品が最も早い一例である。

例えば、屋外で男女が座った姿勢で(しかも男は写真家本人)、2人とも向こう側を向いて後頭部を見せているという作品(IZODの水着の写真。1930年のアメリカ版『ヴォーグ』に掲載)は、最近でも広告でそっくりのイメージが流用されるほどに有名である。本人が写っている、しかもモデルの顔が見えない、という当時としては極めて斬新な作品である[1](ただし、本人ではなく、写っているのはホルストであるとする説もある)。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]

作品図版

[2][3][4][5]