ジョージ・ベンティンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ジョージ・ベンティンク卿
Lord George Bentinck
Lord George Bentinck.jpg
生年月日 1802年2月27日
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランドノッティンガム
没年月日 1848年9月21日(満46歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランド、ノッティンガム
所属政党 トーリー党カニング派→ホイッグ党ダービー派保守党

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 キリングス・リン選挙区英語版[1]
任期 1832年12月10日 - 1848年9月21日[1]
テンプレートを表示
ロンドンキャヴェンディッシュ・スクウェア英語版に立つジョージ・ベンティンク卿の像。

ウィリアム・ジョージ・フレデリック・キャヴェンディシュ=スコット=ベンティンク卿(: Lord William George Frederick Cavendish-Scott-Bentinck1802年2月27日 - 1848年9月21日)は、イギリス政治家馬主

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1802年2月27日、第4代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクとその夫人ヘンリエッタの三男としてノッティンガムウェルベック・アビー英語版に生まれる[2]

政界における活動[編集]

1822年から1825年にかけて叔父にあたる外務大臣ジョージ・カニングの個人秘書を務める[2]。1828年から1848年にかけてキリングス・リン選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた[2]。しかし庶民院議員になってから8年も演説することがなく、彼は庶民院の議場を討論の場というより社交界のように使っていたという[3]

党派ははじめトーリー党カニング派であったが、トーリー党保守派のウェリントン公爵が首相となった後に彼の守旧的施策に反発してホイッグ党に移籍した。グレイ伯爵内閣の改革を支持したが、やがて付いていかれなくなり、スタンリー卿に従ってホイッグ党を離党し、ダービー派に所属。ダービー派の保守党合流で保守党に復帰し、1841年成立のロバート・ピール政権を支持するようになった。このように党派を行ったり来たりしたジョージ・ベンティンク卿だが、ベンジャミン・ディズレーリによれば彼は保守党に戻ってきた後もホイッグ(自由主義)的な心情を持っていたという[3]

1846年以前にディズレーリとベンティンクが会話した痕跡はないが、1846年にピールが行った穀物法廃止への反対運動を通じて二人は固い友情で結ばれるようになった[4][注釈 1]。二人は保守党議員をピールに造反させるべく、議場で激しいピール攻撃を展開した。結局穀物法廃止は阻止できなかったものの、アイルランド強圧法をめぐってこれを否決に追い込んだことで1846年6月にピール内閣倒閣に成功した[6]

ブレイク男爵英語版は「ピールを打倒したのはディズレーリであると一般には思われている。それはそれで事実であるが、ベンティンク抜きで果たして打倒できたかどうか。」「ベンティンクは公爵の息子であり、生まれながらに富裕で、馬場の王様で、ある首相の孫、ある首相の甥にあたるような人物だった。彼は自然に人々がリーダーと仰ぐ類の人物だった。」「彼がいなければディズレーリの名前は打倒劇のどん尻にしか挙がらなかったのでは」と推測している[7]

ピール内閣倒閣をめぐる党内亀裂でピールや保守党の有力議員のほとんどは保守党を出てピール派へ移籍した。新たな保守党党首にはスタンリー卿が就任し、保守党庶民院院内総務英語版にはベンティンクが就任した。だが彼の能力では長くその座にあるのは難しく、やがてディズレーリに取って代わられるだろうと噂されていた[8]

1847年の総選挙で当選したユダヤ人の庶民院議員ライオネル・ド・ロスチャイルドがキリスト教宣誓を行えないが故に議場に入れないという事態を受けて、ユダヤ教宣誓を認める動議が提出された。ユダヤ人の息子である盟友ディズレーリはこの動議を熱心に支持した。ベンティンクはユダヤ問題にほとんど関心がなかったが、ディズレーリとの友情から賛成した[9][注釈 2]

しかしこの動議に賛成するというベンティンクの方針は反ユダヤ的な保守党議員の反発を招いた。これを機にベンティンク卿は保守党庶民院院内総務を辞職することになった。ただ辞職に追い込まれたというよりは、それを口実にして自ら辞めたようである。この頃ベンティンクは感冒[要曖昧さ回避]を患っており、また保守党庶民院院内総務の職務を自分には重荷と自覚するようになっていたため、辞職したがっていたという。後任の保守党庶民院院内総務になったのはグランビー侯爵だったが、彼もすぐに重圧に耐えきれなくなって職務を投げ出した。その際に返り咲きを求められたものの、拒否している[10]

競馬界における活動[編集]

政治家としては低く評価されることもある人物だが、競馬界においては観客のためにさまざまな改革を行い、また当時蔓延していた八百長や妨害工作などの不正行為に対する糾弾や防止策の考案を精力的に行ったことから高い評価を得た。馬主としても活動していたが、1846年に100頭以上いた所有馬を安値で売却し、馬主としての活動を休止。売却した馬の中には後の二冠馬サープリスが含まれていた。ベンティンクはサープリスがセントレジャーステークスに優勝した2週間後に心臓麻痺により死亡した。

ベンティンクは競馬に関する多額の賭けを行った。馬主となってからは賭けで多額の利益を得る目的で所有馬のオッズを下げるための工作を施すこともあった。たとえば1835年オークスでは所有馬のプリザーブが疾患を患っているように偽装を行った。また1836年セントレジャーステークスに所有馬のエリスが出走した際には、当時徒歩で馬を競馬場まで連れて行くのが一般的であったことを利用し、競走がおこなわれるドンカスター競馬場への移動が間に合わないと思われる時期まで他の競馬場にエリスを待機させ、オッズが下がってから馬車台の周囲を高い枠で覆った巨大な馬車を使ってドンカスター競馬場まで輸送した。このとき使用した枠付きの馬車台は競馬界初の馬運車といわれる。

1844年第65回ダービーにおける1位入線馬ランニングレインのすり替え事件においては、2位入線馬オーランドの馬主J・ピール大佐による異議申し立てと法廷闘争を積極的に支援した。

管理担当者を務めたグッドウッド競馬場において、以下の改革を行った。

  • 出走馬の番号を場内に掲示し、さらに出走馬の番号を記載した公式の出馬表を作成した。これは現在のオッズ板および出馬表につながる初の試みであった。
  • 現在の競馬ではレース前に出走馬がパドックを周回し、その後スタンドの前でウォーミングアップ(返し馬)をする習慣が定着しているが、これを始めたのはベンティンク管理下のグッドウッド競馬場である。
  • 発馬時間の厳守を義務付け、騎手や発馬係が故意にレースのスタート時間を遅らせる行為に対して罰金を科した。
  • 騎手が正しい服色の勝負服を着用し、出走馬への鞍の装着を正規の場所で行うよう義務付けた。
  • 不正行為への対策として従来発馬係の発声によって切られていたスタートを旗を振り下ろす方式に変更したが、この方式はイギリス国内の他の競馬場にも普及し、現在でも世界各国で多くの競馬場が採用している。

死去[編集]

1848年9月21日に旧友マンバース卿を訪問すべく、ウェルベックの自宅を出て歩いていたところ、心臓発作に襲われてそのまま死去した[11]。ディズレーリは彼の死を悼み、『ジョージ・ベンティンク卿』と題した彼の伝記を著した。その中でディズレーリはベンティンクを「真の英国名士」「議会史上に残る人物の一人」と絶賛している。一方でディズレーリは私的には「ベンティンクの欠点は最後まで矯正されなかった。彼は野党を率いることさえできなかった。与党になっていたらもっと拙いことになっていただろう」と彼の政治能力を低く見積もる言葉を漏らしている[12]。保守党党首スタンリー卿ヴィクトリア女王に「もしベンティンクが生きていたら、途方もない混乱を生じさせたでしょう」と話したという[12]

生涯にわたり結婚しなかった[2]

馬主としての主な所有馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ベンティンクは率直だが、融通のきかない人物で自分への敵対者は徹底的に攻撃した。そのため多くの議員と喧嘩になっていたが、ディズレーリとだけは一度も喧嘩にならなかったという[5]
  2. ^ ベンティンクはジョン・マナーズ卿へ宛てた手紙の中で「私はこれまでユダヤ人に対する偏見ほど酷いものを見たことはない。私個人としてはユダヤ人が議会に入ろうと入るまいとどちらでも構わない。(略)しかし私はディズレーリを党から離れて一人で投票させたくはない。この想いがなければ、私は(ユダヤ人に対する)様々な偏見と妥協したかもしれない」と書いている[9]

出典[編集]

  1. ^ a b UK Parliament. “Lord George Bentinck” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Lord William George Frederick Scott-Bentinc” (英語). thepeerage.com. 2014年1月3日閲覧。
  3. ^ a b ブレイク(1993) p.267
  4. ^ ブレイク(1993) p.268
  5. ^ ブレイク(1993) p.268-269
  6. ^ ブレイク(1993) p.279-282
  7. ^ ブレイク(1993) p.270
  8. ^ ブレイク(1993) p.289-290
  9. ^ a b ブレイク(1993) p.301
  10. ^ ブレイク(1993) p.302-303
  11. ^ ブレイク(1993) p.305
  12. ^ a b ブレイク(1993) p.306

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク
ジョン・ウォルポール英語版
キリングス・リン選挙区英語版選出庶民院議員
同一選挙区当選者
ジョン・ウォルポール英語版(-1831年)
ウィリアム・ピット・レノックス卿英語版(1831年-1835年)
サー・ストラトフォード・カニング英語版(1835年-1842年)
ジョセリン子爵英語版(1842年-1854年)

1828年-1848年
次代:
エドワード・スタンリー
ジョセリン子爵英語版
党職
先代:
サー・ロバート・ピール准男爵
保守党庶民院院内総務英語版
1846年-1847年
次代:
グランビー侯爵