ジョージ・ベンサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ベンサム (1800–1884).

ジョージ・ベンサム(George Bentham CMG FRS、1800年9月22日1884年9月10日)は、イギリス植物学者である。ジョセフ・ダルトン・フッカーとともにベンサム&フッカーの分類体系を造り、これはイギリス、アメリカ合衆国で使われた。

生涯[編集]

プリマスのストークに、海軍技術者のサー・サミュエル・ベンサムの息子に生まれた。叔父は有名な哲学者・経済学者のジェレミ・ベンサムである。興味を持ったことに集中力を持続する性格であった。語学の才能を示し、7歳までにフランス語ドイツ語ロシア語を話し、スウェーデンにしばらく逗留する間にスウェーデン語も学んだ。ベンサム家はヨーロッパに長く滞在し、2年を過ごしたモントーバンの神学校でジョージはヘブライ語数学を学んだ。その後、一家はモンペリエの大邸宅で暮らした。アングレームで学ぶうちに、オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールの著作を読み、植物の分類に興味を持った。1823年にロンドンに戻り、イギリスの植物学者と交流した。叔父の勧めで法律を学ぶが、1831年に父親が死に、翌年叔父も没したことから、余暇に植物と論理学の研究に専念できることになった。植物学の分野の著作には、Genera plantarum ad exemplariaimprimis in herbariis Kewensibus servata definita (1862–1883, 3巻)などがある。

ベンサムの集めた100,000点を越える、標本ウィリアム・ジャクソン・フッカーとジョセフ・ダルトン・フッカーが園長を務めたキューガーデンに納められた。

1830年から園芸協会の事務局長、1861年から1874年の間、リンネ協会の会長を務めた。1859年にロイヤル・メダルを受賞し、1862年に王立協会フェローに選ばれた。ラン科の属名、BenthamiaNeobenthamiaに献名されている。

著書[編集]

  • Catalogue des plantes indigénes des Pyrénées et du Bas-Languedoc (1826)
  • Outline of a new System of Logic (1827) online
  • Labiatarum genera et species (1832–1836)
  • Scrophularineae indicae (1835)
  • Plantae Hartwegianae (1839–1857)
  • Handbook of the British Flora (1858–1865)
  • Flora Honkongensis (1861)
  • Flora australiensis (フェルディナンド・フォン・ミューラーと共著、1863–1870)
  • Genera plantarum ad exemplariaimprimis in herbariis Kewensibus servata definita (1862–1883, 3巻)