ジョージ・ベイカー (オランダの歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ベイカー (オランダの歌手)

ジョージ・ベイカー(George Baker、本名:Johannes Bowens、1944年12月8日 - )は、オランダホールン出身のシンガーソングライター。

来歴[編集]

1967年にSoul Inventionなるバンドに参加。このバンドは後に George Baker Selection と名前を変え、1969年にデビュー・シングル「リトル・グリーンバッグ」(Little Green Bag)をリリース。このシングルはアメリカ・ビルボード誌のBillboard Hot 100の21位を記録するヒットとなり、翌年リリースされた同名アルバムもヒットした。1975年には "Una Paloma Blanca"(スペイン語で”白い鳩”を意味する) がドイツスウェーデンをはじめとするヨーロッパの各国でチャートの1位を獲得した(アメリカのBillboard Hot 100でも26位を記録するヒットとなり、日本でも田中星児が日本語盤を吹き込んだ )。バンドはのちに1978年に解散。以降はソロで活動するが、1985年にNew George Baker Selection を結成、1989年まで活動した。1989年以降は再びソロ活動を行っている。

代表曲「リトル・グリーン・バッグ」は、1992年に公開された映画「レザボア・ドッグス」の主題歌に起用された他、サントリーから1998年に発売されたウイスキーリザーブ10年・シェリー樽仕上げや、TOYOTAマークXのCMなどでも使用された。この他にも「爆笑レッドシアター」(フジテレビ)、「ぷぁぷぁ金星」(秋田朝日放送制作、秋田県のみのローカル放送である)のオープニングテーマとして使用されている。

ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]