ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
Georg Friedrich Händel
肖像画 (1733)}
肖像画 (1733)
基本情報
出生 1685年2月23日
出身地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ハレ・アン・デア・ザーレ
死没 1759年4月14日(満74歳没)
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
ジャンル バロック音楽
職業 作曲家

{{{Influences}}}

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (1726-28頃)
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (1749)
ハレのヘンデル像
テムズ川上のジョージ1世とヘンデル(19世紀の想像図)

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルGeorg Friedrich Händel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリス帰化した作曲家バロック期を代表する重要な作曲家の一人。彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルハンドルヘンドルGeorge Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある(少なくともイギリスではそのように扱われている)が、日本ではもっぱらドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが通例である。

生涯[編集]

ヨハン・ゼバスティアン・バッハと同じ1685年、現ザクセン=アンハルト州(当時はブランデンブルク=プロイセン領)のハレ・アン・デア・ザーレに生まれた[1]。彼は幼少時から非凡な音楽の才能を示していたが、彼の父は息子を法律家にしようと考えており、息子が音楽の道へ進むことには反対していた。しかし、幸いにも当時のハレの領主がヘンデルの音楽の才能を気に入り、ヘンデルは領主の援助のおかげで音楽の勉強を続けることができたという(この点、先祖代々音楽家の家庭に生まれ、生まれた時から音楽家になるべくして育てられたバッハとは対照的な境遇であったと言える)。それでも彼は厳格な父の期待に従い、ハレ大学で法律を学んだが、音楽への情熱を断ち切れずハンブルクへ出てオペラで成功した(この頃には彼の父は既に死去しており、彼は自由の身になっていた)。1706年からはイタリアの各地を巡り、イタリアオペラに接してそれを吸収し、またオペラに加えてカンタータオラトリオなども発表する。1710年ハノーファー選帝侯宮廷楽長となったが、宮廷楽長の地位はそのままに1712年にはロンドンに移住し、1727年には正式に帰化した(1714年のイギリスのアン女王の死去に伴い、ハノーファー選帝侯がイギリス王ジョージ1世として迎えられることになる)[2]

ちなみにバッハは、1719年と1729年の2度にわたりヘンデルに面会を求めたが、最初はすれ違いになり、2度目はヘンデルが何らかの事情で面会を断ったために、同時代に活躍しながらも生涯出会うことはなかった[3]。バッハが「音楽の父」と評されるのに対し、日本ではヘンデルを俗に「音楽の母」と呼ぶこともあるが、これは日本人がヘンデルをバッハと対等の存在として位置付ける意味で考案した呼び名であり、欧米にはこのような呼び名は存在しない[4]

1751年に左眼の視力を失い、間もなく右眼の視力も悪化し、1752年に完全に失明したため作曲活動はできなくなったが、その後も演奏活動だけは続けていた。その後1758年の夏、タンブリッジ・ウェルズで眼科医を名乗るジョン・テイラー英語版により手術を受けたが成功しなかった(ジョン・テイラーはバッハにも同様の手術を施して失敗している)。翌1759年、体調の悪化により死去。74歳であった。

ちなみにヘンデルは生涯独身で子供はいなかった。これに対し、バッハは2度の結婚で合計20人もの子供(無事に成長した子供は約10人)に恵まれた子沢山の父親として知られており、両者は作曲家としての活動だけでなく私生活においても全く対照的な人生を歩んでいたと言われている。

余談ではあるが、ヘンデルはスウェーデンからロンドンへ留学してきたユーハン・ヘルミク・ルーマンを弟子とし、彼を北欧のヘンデルと称されるまでの、北欧バロック界における重要な作曲家と位置づけられる大家に育て上げた。

同じドイツのバロック作曲家で、外交官など様々な肩書きを持つヨハン・マッテゾンとは親友関係にあったが、マッテゾンの歌劇《クレオパトラ》(1704年)の上演中に二人は喧嘩を始めた挙句、マッテゾンに刺殺されそうになったことがある。しかし後に和解している。

作品について[編集]

バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。特に、オラトリオ《メサイア(救世主)》は曲中に有名な「ハレルヤ・コーラス」を含み、今日でも非常に有名である。また、オラトリオ《ユーダス=マカベウスマカベウスのユダ)》中の合唱曲「見よ、勇者は帰る」は、大会の優勝者を称える曲・表彰状授与のBGM(得賞歌)として日本でも頻繁に用いられている。オペラ《クセルクセス(セルセ)》中の「オンブラ・マイ・フ(懐かしい木陰よ)」は、「ヘンデルのラルゴ」とも呼ばれて親しまれている。そのほか、オペラ《ジュリアス・シーザー》、オラトリオ《エジプトのイスラエル人》や、《リナルド》の中のアリア「私を泣かせてください」なども知られている。

オペラ、オラトリオや世俗カンタータの他、管弦楽曲としては、管弦楽組曲水上の音楽》《王宮の花火の音楽》が有名。また、合奏協奏曲、室内楽、オルガンやチェンバロのための作品がある。サッカーUEFAチャンピオンズリーグの入場曲《UEFAチャンピオンズリーグ賛歌(UEFA Champions League Hymne)》は《司祭ザドク(Zadok the priest)》を原曲としてアレンジしたものである。

19世紀半ばのバッハ復権以降は、作品演奏機会や人気で大幅に差がついたものの、それでもバロック期以前の作曲家としてはこれに次ぐ存在であり続けている。[要出典]ことに1990年代あたりからはオペラの蘇演が非常に盛んとなり、今日では器楽曲よりもバロック・オペラの代表的作曲家として人気が高い。

主な作品[編集]

声楽曲[編集]

  • 詩篇曲「主は言われた」(Dixit Dominus) HWV232 1706~07年
  • 詩篇曲「主が家を建てられるのでなければ」(Nisi Dominus) HWV238 1707年
  • サルヴェ・レジナ HWV241 1707年
  • ジョージ2世の戴冠式アンセム - 「司祭ザドク」 HWV258 1727年

オペラ[編集]

  • アルミーラ HWV1 初演1705.1ハンブルク
  • 血と殺戮で得た愛、またはネロ HWV2 初演1705.2ハンブルク(紛失)
  • 幸福なフロリンド HWV3 初演1708.1ハンブルク(紛失)
  • 変容したダフネ HWV4 初演1708.1ハンブルク(紛失)
  • 自らに勝つことこそよりまさる勝利 HWV5 初演1707.11ローマ
  • アグリッピナ HWV6 初演1709.12 ヴェネツィア
  • リナルド HWV7 初演1711.2 ロンドン(以下全て同じ)
  • 忠実な羊飼い HWV8 初演1712.11
  • テーゼオ HWV9 初演1713.1
  • シッラ HWV10 初演1713.9
  • ゴールのアマディージ HWV11 初演1715.5
  • ラダミスト HWV12 初演1720.4
  • ムツィオ・シェーヴォラ(ボノンチーニとの共作) HWV13 初演1721.4
  • フロリダンテ HWV14 初演1721.12
  • ゲルマニア王オットーネ HWV15 初演1723.1
  • ランゴバルド王フラーヴィオ HWV16 初演1723.5
  • エジプトのジュリアス・シーザー HWV17 初演1724.2
  • タメルラーノ HWV18 初演1724.10
  • ロンバルディア王妃ロデリンダ HWV19 初演1725.2
  • シピオーネ HWV20 初演1726.3
  • アレッサンドロ HWV21 初演1726.5
  • テッサリア王アドメート HWV22 初演1727.1
  • イングランド王リチャード1世 HWV23 初演1727.11
  • ペルシア王シローエ HWV24 初演1728.2
  • エジプト王トローメオ HWV25 初演1728.4
  • ロターリオ HWV26 初演1729.12
  • パルテーノペ HWV27 初演1730.2
  • インド王ポーロ HWV28 初演1731.2
  • エツィオ HWV29 初演1731.2
  • メディア王ソザルメ HWV30 初演1732.2
  • オルランド HWV31 初演1733.1
  • クレタのアリアンナ HWV32 初演1734.1
  • アリオダンテ HWV33 初演1735.1
  • アルチーナ HWV34 初演1735.4
  • アタランタ HWV35 初演1736.5
  • アルミーニオ HWV36 初演1737.1
  • ジュスティーノ HWV37 初演1737.2
  • エジプト王妃ベレニーチェ HWV38 初演1737.5
  • ファラモンド HWV39 初演1738.1
  • セルセ HWV40 初演1738.4
  • イメネーオ HWV41 初演1740.12
  • デイダミア HWV42 初演1741.1

オラトリオ[編集]

  • 時と悟りの勝利 HWV46a 1707年(イタリア語)
  • 復活 HWV47 1708年(同上)
  • アチスとガラテア HWV48 1718年(英語)
  • エステル HWV50 1718年(英語)
  • 世の罪のために苦しみ死に給いしイエス(ブロッケス受難曲) HWV49 1719年(読後)
  • デボラ HWV51 1733年(英語、以下全て同じ)
  • アタリア HWV52 1733年
  • 時と真理の勝利 HWV46b(HWV46aの改作)
  • サウル HWV53 1739年
  • エジプトのイスラエル人 HWV54 1739年
  • 快活の人、沈思の人、中庸の人 HWV55 1740年
  • メサイア HWV56 1742年
  • サムソン HWV57 1743年
  • セメレ HWV58 1744年
  • ヨゼフとその兄弟 HWV59 1744年
  • ヘラクレス HWV60 1745年
  • ベルシャザル HWV61 1745年
  • 機会オラトリオ HWV62 1746年
  • マカベウスのユダ HWV63 1747年(「見よ、勇者は帰る」See the conquering hero comesは「得賞歌」として有名、またこの曲は讃美歌よろこべやたたえよや 」となっている。)
  • ヨシュア HWV64 1748年
  • アレグザンダー・バルス HWV65 1748年
  • スザンナ HWV66 1749年
  • ソロモン HWV67 1749年
  • テオドーラ HWV68 1750年
  • ヘラクレスの選択 HWV69 1751年
  • イェフタ HWV70 1752年
  • 時と真理の勝利 HWV71 1757年(HWV46bとは別)
  • ジョージ2世の戴冠式アンセム 1.司祭ザドク HWV.258
  • 『風よ静まれ』
  • 聖セシリアの日のためのオード
  • デッティンゲン・テ・デウム

管弦楽曲[編集]

  • 水上の音楽(管弦楽組曲)HWV348-350
  • 王宮の花火の音楽(管弦楽組曲)HWV351 1748年
  • 6つの合奏協奏曲集 作品3 HWV312-317 1734年出版
  • 12の合奏協奏曲集 作品6 HWV319-330 1739作曲,1740年出版
  • 合奏協奏曲「アレクサンダーの饗宴」HWV318
  • オルガン協奏曲集 第1集 作品4 HWV306-311
    • 第1番ト短調
    • 第2番変ロ長調
    • 第4番ヘ長調
    • 第6番変ロ長調(有名な「ハープ協奏曲変ロ長調HWV294」の原曲)
  • オルガン協奏曲第2集
    • 第13番ヘ長調『かっこうとナイチンゲール』
  • オルガン協奏曲集 第3集 作品7 HWV312-317
  • 2つの合奏体のための協奏曲
    • 第1番 変ロ長調 HWV332
    • 第2番 ヘ長調 HWV333
    • 第3番 ヘ長調 HWV334

器楽曲[編集]

  • 6つのトリオソナタ 作品2
  • 7つのトリオソナタ 作品5
  • ハープシコード組曲集
    • ホ長調HWV430(アリアと変奏は「調子の良い鍛冶屋」として有名)
    • 変ロ長調HWV434(アリアと変奏がやはり有名)

脚注[編集]

  1. ^ ちなみにヘンデルが生まれた時、彼の母は34歳で、父は63歳の高齢だったという。ヘンデルの父は、音楽家の社会的地位が低く収入も不安定であるという理由から、息子が音楽の道へ進むことに猛反対しており、息子の将来については社会的地位の高い法律家への進路を強く希望していた。
  2. ^ このようにドイツから出てイタリアに留学した後にイギリスに帰化し、国際的な活躍を続けていたヘンデルとは対照的に、バッハは生涯ドイツから出た経験がなく、当時のヨーロッパにおいてバッハよりもヘンデルの方が有名であった要因の一つとされている。もっとも、先祖代々音楽家の家庭に生まれ育ったバッハと異なり、ヘンデルは音楽家としての活動の場を自力で開拓しなければならず、それがヘンデルを積極的に海外へ向かわせる原動力になったとも言える。
  3. ^ 当時のヨーロッパではバッハよりもヘンデルの人気が圧倒的に高く、バッハはヘンデルの名声を強く意識していたが、ヘンデルの方はバッハをあまり意識していなかったと言われる。ただし、ゲオルク・フィリップ・テレマンヨハン・マッテゾンクリストフ・グラウプナーなど、ヘンデルとバッハの両名と交流のあった作曲家は何名か存在している。
  4. ^ そもそもヘンデルは男性であるから、「母」という表現自体が不適切である。また、ヘンデルとバッハが存命していた当時のヨーロッパにおいては、バッハはヘンデルよりも格下の扱いを受けており、両名は決して対等の存在ではなかったと言われる。当時のライプツィヒの新聞で作曲家の人気投票を行ったところ、1位はテレマンで、ヘンデルは2位、バッハは7位だったという記録がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]