ジョージ・パターソン (宣教師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ニールソン・パターソン
George N. Patterson
1950年撮影
生誕 1920年8月19日
Falkirkスコットランド
死没 2012年12月28日(満92歳没)
Auchlochan、サウス・ラナークシャー
職業 宣教師、旅行家、作家

ジョージ・ニールソン・パターソン(George Neilson Patterson、1920年8月19日 Falkirkスコットランド - 2012年12月28日 Auchlochan、サウス・ラナークシャー[1])は、「チベットのパターソン」(Patterson of Tibet)としても知られる、スコットランド人宣教師、旅行家、作家。中華人民共和国によるチベット侵攻の間に起きたチベット動乱に、軍医として、また外交上の代表者として働いた。2011年3月25日に、真実の光賞英語版を受賞[2]

著書[編集]

  • Patterson, George Neilson (1952). Tibetan Journey. UK: Faber & Faber. 
  • Patterson, George Neilson (1954). God's Fool. USA: Doubleday. 
  • Patterson, George Neilson (1956). Up and Down Asia. 
  • Patterson, George Neilson (1958). Tragic Destiny. 
  • Patterson, George Neilson (1960). Tibet in Revolt. 
  • Patterson, George Neilson (1963-4). Peking Versus Delhi. USA: Praeger. 
  • Patterson, George Neilson (1964-5). The Unquiet Frontier. USA: Dragonfly Paperbacks. 
  • Patterson, George Neilson (1968). Christianity in Communist China. USA: Word. 
  • Patterson, George Neilson (1983). Christianity and Marxism. UK: Paternoster Press. 
  • Patterson, George Neilson (1990). Requiem For Tibet. London, UK: Aurum Press. 
  • Patterson, George Neilson (1990). The China Paradox - Christ Versus Marx. UK: Word Books. 
  • Patterson, George Neilson. Patterson of Tibet. USA: Promotion Publishing. 

共著[編集]

メグ・パターソンと[編集]

  • Patterson, George Neilson (1975). Addictions Can Be Cured. UK: Lion. 
  • Patterson, George Neilson (1983). Getting Off The Hook. USA: Harold Shaw. 
  • Patterson, George Neilson (1987). The Power Factor. UK: Word. 
  • Patterson, George Neilson (1994). The Paradise Factor. UK: Word. 

編著[編集]

  • editor Klatt, Werner (1965). The Chinese Problem. OUP & HKUP. 
  • editor Wint, Guy (1966-9). Asia Handbook. Blond; Penguin. 

ドキュメンタリー[編集]

Advisor and Scriptwriter[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]