ジョージ・バーシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・バーシャー(George Barger、1878年4月4日 - 1939年1月5日)は、イギリス化学者王立協会フェロー。

イギリスのマンチェスターで産まれる。母親はイギリス人、父親はオランダ人であった。デン・ハーグ高校[訳語疑問点]と、ケンブリッジ大学キングス・カレッジで教育を受ける[1]。彼の主な業績はアルカロイドと、生物学的に重要な単純な窒素化合物の研究である。バーシャーは麦角の生物活性を引き起こす化合物の1つとしてチラミンを同定した。サイロキシンビタミンB1の合成にも重要な貢献をした。

1919年5月に王立協会フェローに選出され、1938年にはデービー・メダルを受賞する[2]

1935年の第15回国際生理学会で演説し、主催者のイヴァン・パヴロフのことを「国際生理学会の王子」と呼んだ。この演説は、英語フランス語ドイツ語イタリア語スウェーデン語スペイン語ロシア語と1人で7カ国語を次々に切り替えて行われた。

1904年に結婚し、2人の息子と1人の娘をもうけた。スイスアエシにて死去。

経歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Barger, George”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ Barger; George (1878 - 1939)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。