ジョージ・デビット・バーコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
George David Birkhoff 1.jpg

ジョージ・デビット・バーコフ(George David Birkhoff、1884年3月21日 - 1944年11月12日)はアメリカ数学者である。一番知られているのがエルゴード理論に対するものである。

仕事[編集]

1913年に彼はアンリ・ポアンカレの"Last Geometric Theorem,"、特殊な場合の三体問題、を証明して世界に知られるようになった。1927年に彼は"力学系"を出版した。彼は相対性理論量子力学の基礎について書いた。1923年にバーコフは球対称な解がアインシュタイン方程式の解からシュヴァルツシルトの解が唯一なものとして得られることを示した。