ジョージ・ゴードン・リディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ゴードン・リディ

ジョージ・ゴードン・バトル・リディ(George Gordon Battle Liddy1929年11月30日 - )は、1972年のウォーターゲート事件に関与した「鉛管工」ユニットの主要メンバー。リディはその後アメリカのラジオ・トークショー・ホスト、俳優および政治的戦略家になった。リディのラジオ・トークショーは160の局に放送される。また、彼はラッシュ・リンボーに次いで、保守派のトークショー・ホスト。

彼はニュージャージー州ホーボーケンで生まれ、フォーダム大学に入学した。1952年に大学を卒業し陸軍に入隊し朝鮮戦争中に砲兵士官を2年間務めた。彼は、フォーダム大学で法律を学ぶため1954年に帰国した。1957年に卒業して、彼はエドガー・フーバーの下FBIで働いた。1957年にはフランシス・アン・パーセルと結婚した。

彼は1962年にFBIを去り、ニューヨーク州ニューヨークシティおよびダッチェス郡で弁護士として働いた。1966年にはティモシー・リアリー裁判の弁護団を組織した。彼は1968年に地方検事としての地位をかけて、その後下院選挙に出馬したが落選した。しかし、彼はニューヨークの第28区でリチャード・ニクソン大統領選挙戦を実行するために政治的なプロフィールを使用した。