ジョージ・コーワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・コーワン (George Cowan, 1920年2月15日 - 2012年4月20日) はアメリカ合衆国物理化学者。

人物[編集]

マサチューセッツ州ウースター出身。カーネギーメロン大学を卒業し、第二次世界大戦中はマンハッタン計画に従事していた。サンタフェ研究所創立の原動力となった。エンリコ・フェルミ賞を受賞した。

2012年4月20日、カリフォルニア州ロス・アンジェルスにて死去[1]。92歳没。

脚註[編集]

  1. ^ George Cowan, nuclear scientist on Manhattan Project, dies at 92 ワシントン・ポスト 2012年4月22日閲覧