ジョージ・コッタラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・コッタラス
George Kottaras
トロント・ブルージェイズ #14
George Kottaras on May 8, 2013.jpg
ロイヤルズ時代(2013年5月8日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州スカーバロー
生年月日 1983年5月10日(31歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2002年 ドラフト20巡目(全体595位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2008年9月13日 トロント・ブルージェイズ戦(ダブルヘッダー第1試合)
年俸 $1,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ギリシャの旗 ギリシャ
五輪 2004年

ジョージ・コッタラスGeorge Kottaras, 1983年5月10日 - )は、カナダオンタリオ州スカーバロー出身のプロ野球選手捕手)。右投左打。MLBトロント・ブルージェイズに所属。

ギリシャ系カナダ人。Kottarasという姓は日本語メディアではコタラスと表記されることもある。

経歴[編集]

アマチュア、マイナー時代[編集]

幼少期はオンタリオ州マーカムで過ごす。トロント・ブルージェイズの本拠地球場スカイドーム(現ロジャース・センター)が車で30分ほどの場所にあり、コッタラスはブルージェイズのファンとして育つ[2]。カナダではアイスホッケー国技とされているが、コッタラスはマーカム地区では珍しくアイスホッケーをプレイしていない[3]。捕手になったのは15歳のときのことで、チームで捕手を希望する選手がいなかったためコッタラスが務めることになったのがきっかけ[4]アメリカ合衆国オクラホマ州ワーナーConnors State Collegeへ進学後、2002年ドラフトサンディエゴ・パドレスから20巡目(全体595位)指名を受けプロ入りする。

2003年マイナーリーグ最下層のルーキーリーグでプロとしてのキャリアをスタート。

2004年にA級フォートウェインで78試合に出場し、打率.310・OPS.876の好成績を残す。ギリシャ系カナダ人であることから、同年8月のアテネ五輪では一塁手兼捕手としてギリシャ代表入り。英語しか話せないギリシャ系アメリカ人がほとんどを占める代表チームにおいて、ギリシャ語を話すことができるコッタラスは通訳の役割も果たす一方[5]、21日のイタリア戦では選手として5打数3安打2打点を挙げてチーム大会唯一の勝利に貢献した[6]

2005年12月には、ベースボール・アメリカ誌がパドレス若手有望株ランキングでコッタラスを2位にランクインさせる[7]

2006年のスプリングトレーニングではコッタラスのスウィングが、彼の子供のころの憧れの選手だった通算2,239安打の巧打者ジョン・オルルドに似ていると、監督のブルース・ボウチーに高く評価された[4]。同年にはAAA級ポートランド・ビーバーズへ昇格し、メジャーデビューへの期待が高まるが、ポストシーズン進出を目指していたパドレスがボストン・レッドソックスからデービッド・ウェルズトレードで獲得し、その交換相手に選ばれたコッタラスはレッドソックスへ移籍することになった[8]。移籍後はAA級でプレイオフに進出していたポートランド・シードッグスに合流し、最初の2試合で本塁打を1本ずつ放った[5]

レッドソックス時代[編集]

2007年からの2年間はAAA級ポータケット・レッドソックスで過ごす。

2008年には打率.243ながら22本塁打と長打力を見せた。同年9月にメジャーへ昇格し、13日のダブルヘッダー第1試合でデビュー。7回裏の初打席は振り逃げで出塁した[9]。その後2試合に出場、メジャー初安打を放ってシーズンを終えた。シーズン終了後、正捕手ジェイソン・バリテックが一旦はFAとなるも移籍せず残留。しかし、ナックルボールを投げるティム・ウェイクフィールドの専属捕手を務めていたケビン・キャッシュが退団したため、レッドソックスはキャッシュの後継者にコッタラスを指名した[10]

2009年は前半戦終了時点でウェイクフィールドの登板17試合全てに先発出場。この間にウェイクフィールドは11勝3敗を記録し、42歳・メジャー17年目で初のオールスター選出を果たした。

ブルワーズ時代[編集]

2011年9月3日ヒューストン・アストロズ戦でサイクル安打を達成した。

アスレチックス時代[編集]

2012年7月27日オークランド・アスレチックスファウスト・デロスサントスとのトレードで移籍した。

インディアンス時代[編集]

2013年11月26日、金銭トレードでシカゴ・カブスに移籍[11]12月3日、1年107万5000ドルで契約した[12]

2014年3月26日に放出され、3月31日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び[13]4月3日に球団が発表した[14]。AAA級コロンバス・クリッパーズで開幕を迎え、5月3日にインディアンスとメジャー契約を結んだ[15]。昇格後は5月4日シカゴ・ホワイトソックス戦に出場し、3打数2安打(2本塁打)2打点1四球と活躍したが、5月6日にDFAとなり[16]5月11日にAAA級コロンバスへ降格した。5月27日に2番手捕手も兼ねていた正三塁手のカルロス・サンタナが故障者リスト入りしたため、インディアンスとメジャー契約を結んだ[17]。昇格後は9試合に出場したが、7月7日に再びDFAとなった[18]

カージナルス時代[編集]

2014年7月11日にウェーバーでセントルイス・カージナルスへ移籍した[19]。移籍後は4試合に出場したが、7月26日にDFAとなり[20]7月29日に放出された。

ブルージェイズ時代[編集]

2014年8月7日にブルージェイズとマイナー契約を結んだ[21]。9月にセプテンバーコールアップで昇格し、9月17日ボルチモア・オリオールズ戦で移籍後初出場した。ブルージェイズでは、4試合で無安打に終わった。

シーズン通算では3チームで計18試合に出場。これは、メジャーデビューイヤーの2008年以来となる自己ワースト2位の少なさだった。安打7も同じく自己ワースト2位だが、うち3本をホームランにして自身初の長打率.500以上をマークした。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 BOS 3 5 5 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .400 .600
2009 45 107 93 15 22 11 0 1 36 10 0 0 0 3 11 0 0 25 1 .237 .308 .387 .696
2010 MIL 67 250 212 24 43 12 1 9 84 26 2 0 1 4 33 1 0 44 5 .203 .305 .396 .701
2011 49 123 111 15 28 6 1 5 51 17 0 1 1 1 10 0 0 26 2 .252 .311 .459 .771
2012 58 116 86 10 18 4 0 3 31 12 0 0 1 0 29 1 0 24 2 .209 .409 .360 .769
OAK 27 93 85 10 18 2 1 6 40 19 0 0 0 0 8 0 0 24 2 .212 .280 .471 .750
'12計 85 209 171 20 36 6 1 9 71 31 0 0 1 0 37 1 0 48 4 .211 .351 .415 .766
2013 KC 46 126 100 13 18 4 0 5 37 12 1 0 0 0 24 2 2 42 2 .180 .349 .370 .719
通算:6年 295 820 692 88 148 40 3 29 281 96 3 1 3 8 115 4 2 187 14 .214 .324 .406 .730
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ George Kottaras Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月29日閲覧。
  2. ^ Ian Browne / MLB.com, "Kottaras enjoys homecoming vs. Jays / Backup catcher grew up 30 minutes outside Toronto," redsox.com, May 29, 2009. 2009年7月19日閲覧。
  3. ^ The Associated Press, "BoSox lose wild one to Twins," Sportsnet.ca, May 27, 2009. 2009年7月19日閲覧。
  4. ^ a b Lyle Spencer / MLB.com, "Catcher Kottaras rising fast / Padres prospect has power, improving defensive skills," padres.com, March 11, 2006. 2009年7月19日閲覧。
  5. ^ a b Evan Mohl / MLB.com, "Kottaras finds place to hang mask / Red Sox prospect settling into a groove in Pawtucket," MiLB.com, June 1, 2007. 2009年7月19日閲覧。
  6. ^ アテネ五輪 Athens2004 日程・結果」 『スポーツナビ』、2004年8月29日。2009年7月19日閲覧。
  7. ^ Kevin Goldstein, "Top Ten Prospects: San Diego Padres," Baseball America, December 14, 2005. 2009年7月19日閲覧。
  8. ^ Associated Press, "Red Sox acquire catcher to complete Wells trade," ESPN.com, September 5, 2006. 2009年7月19日閲覧。
  9. ^ "Sep 13, 2008, Blue Jays at Red Sox Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2009年7月19日閲覧。
  10. ^ Nick Cafardo, "Kottaras a backup at forefront," The Boston Globe, March 23, 2009. 2009年7月19日閲覧。
  11. ^ Cubs acquire C George Kottaras ESPN Chicago
  12. ^ George Kottaras avoids arbitration with Cubs NBC Sports
  13. ^ Bill Baer (2014年3月30日). “Indians sign George Kottaras to a minor league deal”. NBC Sports. 2014年3月31日閲覧。
  14. ^ Indians sign C George Kottaras”. MLB.com Indians Press Release (2014年4月3日). 2014年4月4日閲覧。
  15. ^ Indians make several roster moves”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月3日). 2014年5月4日閲覧。
  16. ^ Indians Recall RHP Josh Tomlin; C George Kottaras Designated for Assignment”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月6日). 2014年5月7日閲覧。
  17. ^ Indians place INF Nick Swisher on 15-Day DL & C Carlos Santana on 7-day concussion list”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月27日). 2014年5月28日閲覧。
  18. ^ Indians acquire OF Chris Dickerson from Pittsburgh; designated C George Kottaras for assignment”. MLB.com Indians Press Release (2014年7月7日). 2014年7月8日閲覧。
  19. ^ Cardinals announce roster moves”. MLB.com Cardinals Press Release (2014年7月11日). 2014年7月12日閲覧。
  20. ^ Cardinals Sign Veteran Catcher A.J. Pierzynski”. MLB.com Cardinals Press Release (2014年7月26日). 2014年7月27日閲覧。
  21. ^ Aaron Gleeman (2014年8月7日). “Blue Jays sign George Kottaras”. NBC Sports. 2014年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]