ジョージ・アトキンソン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・アトキンソン

George Atkinson  No. 43, 47

ストロングセイフティ
生年月日:1947年1月4日(67歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州サバンナ
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:180 lb =約81.6kg
NFLデビュー
1968年オークランド・レイダーズ
経歴
大学オハイオ州立大学
NFLドラフト1968年 / 7巡目(全体の190番目)
 所属チーム:
通算成績
(1979年までの成績)
通算インターセプト     30回
インターセプトリターン     448ヤード
ファンブルリカバー     13回
出場試合数     144試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • AFLオールスター選出:2回 (1968年-1969年)

ジョージ・アトキンソン(George "Butch" Henry Atkinson 1947年1月4日- )はジョージア州サバンナ出身の元アメリカンフットボール選手。彼の現役時代は現在のルールと異なりボールが空中にある間はバンプ・アンド・ランカバレッジが可能であり、彼は"HOOK"と呼ばれる、レシーバーの首の周りに腕をまきつけるようにタックルする方法を生み出した。なお現在こうしたプレーはルールで禁止されている[1]

経歴[編集]

現役時代[編集]

モリス・ブラウン・カレッジでディフェンスバック、キックオフリターナーとしてプレーした後、1968年にドラフト7巡でAFLオークランド・レイダーズに入団した。その後AFLとNFLの統合を経てレイダーズでは1977年までプレーし第11回スーパーボウルの優勝メンバーとなっている。

1968年、36回のパントリターンで490ヤード、2TDをあげた。また32回のキックオフリターンでAFLトップの25.1ヤードをマークした。またコーナーバックとして4インターセプトをあげる活躍を見せたが、新人王はシンシナティ・ベンガルズポール・ロビンソンに取られた[2]。同年のバッファロー・ビルズ戦ではレイダーズの1試合におけるパントリターン記録となる205ヤードをリターンした。レイダーズ在籍中のインターセプトは歴代5位の30回。

1969年は、コーナーバックからストロングセイフティにコンバートされた。この年キックオフリターンは16回に減ったが、パントリターンは25回、2インターセプトで1TDをあげた[2]

彼はキックオフリターナー、パントリターナーとしても活躍した。1973年のスティーラーズとのディビジョナルプレーオフでは自陣33ヤードでパントを捕球した彼は敵陣45ヤードまでのパントリターンを見せたが15ヤード罰退の反則が味方にあり、このリターンは取り消された[3]。この試合で彼はテリー・ブラッドショーのパスをインターセプトしている[3]

1973年にはNFLトップの41パントリターンを記録した[2]

1975年シーズンのプレーオフ、ピッツバーグ・スティーラーズとのAFCチャンピオンシップゲームで彼は相手WRのリン・スワンに激しいヒットをして脳震盪を引き起こさせた[1][2]

また翌1976年のレギュラーシーズンの試合でも彼はリン・スワンへのパスを阻止するために彼の後頭部に激しいエルボースマッシュを見舞った。このヒットでスワンは脳震盪を起こし意識を失った。この試合後、スティーラーズのヘッドコーチ、チャック・ノルとスティーラーズはアトキンソンを裁判で訴えた。最終的にこの裁判で彼は敗訴している[1][4]

1977年シーズン終了後、いったん引退したが、1979年に現役復帰し、デンバー・ブロンコスで6試合に出場した[2]

現役引退後[編集]

彼は後に現役当時は現在のように脳しんとうについて詳しく知ることができなかったと告白している。また2009年にベン・ロスリスバーガーが脳震盪の影響でチームにとって大切なボルチモア・レイブンズとの一戦を欠場することをチームが決定した際にハインズ・ウォードが不満を漏らしたことに対して、彼の現役当時はプレーできる状態であるのに欠場するようなことはなかったと理解を示している[1]

現在彼はレイダーズの試合前後のラジオ番組のコメンテーターとして出演している[1][5]

彼の息子であるジョージ・アトキンソン・ジュニアは現在USCカリフォルニア大学UCLAワシントン大学オレゴン大学などからリクルーティングを受けている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e An Old Raider’s Old-School Values”. ニューヨーク・タイムズ (2009年12月7日). 2010年5月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e JW Nix (2011年7月20日). “Oakland Raiders : Best Defensive Players Not in the Hall of Fame”. bleacherreport.com. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ a b This Day in Raiders History - 1973”. オークランド・レイダーズ. 2012年2月19日閲覧。
  4. ^ A Walk On The Sordid Side”. スポーツ・イラストレイテッド (1977年8月1日). 2010年5月7日閲覧。
  5. ^ 【開幕戦】レイダーズ対チャージャーズ”. オークランド・レイダーズ (2009年9月14日). 2010年5月7日閲覧。
  6. ^ George Atkinson Jr. - College Football Recruiting 2011”. ESPN (2010年4月29日). 2010年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]