ジョージア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Georgia (SSBN 729).jpg
艦歴
発注 1976年2月20日
起工 1979年4月7日
進水 1982年11月6日
就役 1984年2月11日
その後 就役中
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 水上:16,765 トン
水中:18,750 トン
全長 170.69 m (560 ft)
全幅 12.8 m (42 ft)
喫水 11.5 m (38 ft)
最大速 20ノット以上 (37+ km/h)
潜行深度
機関 S8G reactor 1基
乗員 士官13名、兵員140名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
Mk-48魚雷
BGM-109 トマホーク巡航ミサイル 154発
モットー Wisdom, Justice, Moderation
729insig.png

ジョージア(USS Georgia, SSBN/SSGN-729)は、アメリカ海軍オハイオ級原子力潜水艦の4番艦。艦名はジョージア州に因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ジョージアの建造は1976年2月20日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1979年4月7日に起工した。1982年11月6日にシーラ・M・ワトキンズ夫人によって命名、進水し、1984年2月11日にブルー班のA・W・クェスター艦長およびゴールド班のM・P・グレイ艦長の指揮下就役した。

1984年3月から4月にかけてジョージアは整調を行い、1984年4月7日にトライデント C-4潜水艦発射弾道ミサイル3発を東部試験海域で発射した。1984年11月に母港のワシントン州バンゴールに到着する。1985年1月にジョージアは最初の戦略抑止哨戒を開始する。1983年9月から1986年5月まで第14.7.1任務ユニットの一部として活動した功績によりジョージアは部隊勲功章を受章した。その後1986年2月から8月までの活動でも部隊勲功章を受章している。

1986年3月22日、ミッドウェー島の近くでジョージアはタグボートセコタ (USS Secota, YTM-417) と衝突する。セコタはジョージアとちょうど乗員の交替を完了した後で、セコタは沈没し、10名の乗組員が救助されたが2名が溺れた。ジョージアはほとんど損害を受けなかった。

ジョージアのゴールド班は2001年に第17潜水艦戦隊戦闘効率賞を受賞した。

2003年10月30日にジョージアは65回目、最後の戦略抑止哨戒を完了した。

2003年11月7日、ジョージアはバンゴールでドック入りする。トライデント C-4 ミサイルの撤去時に事故が発生した。撤去作業は16番発射管までスムースに進み、発射管が開けられると梯子が下ろされ、クレーンによってミサイルが引き上げが行われた。作業員は発射管の中でクレーンのカギをミサイルに取り付け、その後梯子を取り外さずに休憩に入った。梯子が装着されたままミサイルが引き上げられたため、ミサイルのノーズコーンに梯子が当たり9インチ(229mm)の穴が空いた。放射性物質が漏出することはなかった。

ミサイル撤去班の下士官兵3名が軍法会議にかけられた。太平洋戦略兵器設備班(Strategic Weapons Facility Pacific, SWFPAC)は直ちに閉鎖され海軍の調査を受けたが、検査をパスできなかった。SWFPACの指揮官キース・ライルス大佐は12月19日に解任され、副官のフィリップ・ジャクソン中佐、兵器士官のマーシャル・ミレット中佐、スティーヴン・ペリー特務曹長が部隊の指揮を執った。SWFPACは2004年1月9日に新任指揮官の下再検査が行われ、その後再開した。ジョージアの乗組員は影響を受けなかった。

ジョージアは2004年3月1日に SSGN (原子力巡航ミサイル潜水艦)に艦種変更される。10月に演習「サイレント・ハンマー」に参加した。

2005年3月にジョージアはノーフォーク海軍造船所入りし、燃料交換が行われた。同時に SSGN への転換が行われ、作業は2007年9月に完了予定である。

オーバーホール後ジョージアはジョージア州キングスベイへ母港を変更する予定である。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの小説『レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October』で、ジョージアは簡潔に触れられる。

1996年の映画『インデペンデンス・デイ Independence Day』に登場するが、その場面は映画『クリムゾン・タイド』のセットが用いられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]