ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ

ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティGiovanni Maria Visconti, 1388年9月7日 - 1412年5月16日)は、第2代のミラノ公(在位:1402年 - 1412年)。

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティカテリーナ・ヴィスコンティベルナボ・ヴィスコンティの娘)との息子で、彼の後を継いだフィリッポ・マリーアの兄でもある。

父であるジャン・ガレアッツォが急死したとき、ジョヴァンニ・マリーアはまだ14歳だったため、母親であるカテリーナが摂政となって公国を治めた。やがて長じたジョヴァンニは、佞臣の讒言に耳を貸し、母親を幽閉して自らミラノの支配者となる。

ミラノ公となったジョヴァンニは独善的に振る舞い、時には配下の傭兵隊長とも対立した。そのため、領地では反乱が多発し、暗殺を恐れたジョヴァンニは城に引きこもる。しかし、教会に参拝に出かけた際に刺客に襲われ、命を落とした。

1408年、リーミニの領主カルロ・マラテスタの娘アントーニアと結婚したが、世継ぎは残していない。

先代:
ジャン・ガレアッツォ
ミラノ公
1402 - 1412
次代:
フィリッポ・マリーア
執筆の途中です この「ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア