ジョヴァンニ・プラーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・プラーナ

ジョヴァンニ・プラーナ(Giovanni Antonio Amedeo Plana、1781年11月6日1864年1月20日)はイタリア天文学者数学者である。の運行の解析を行った。

ヴォゲーラに生まれた。1800年エコール・ポリテクニークに入り、ジョゼフ=ルイ・ラグランジュジョゼフ・フーリエに学び、1803年ピエモンテ州の砲学学校の数学教師になり、1811年にトリノ大学の天文学の教授になった。

月の運動学、積分法、楕円関数、熱学、測地学に貢献し、1820年に引力の法則に基づいて月の運行表を作成したことによりフランスの科学アカデミーから賞をうけた。1932年" Théorie du mouvement de la lune"(『月の運動の理論』)を出版した。1840年イギリス王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1844年バロンの爵位を受けた。