ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・B・ペルゴレージ
Giovanni Battista Pergolesi
}
基本情報
出生 1710年1月4日
イタリアの旗 イタリア イェージ
死没 1736年3月17日(満26歳没)
イタリアの旗 イタリア ポッツォーリ
ジャンル 古典派音楽
職業 作曲家
活動期間 1731 - 1736

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージGiovanni Battista Pergolesi, 1710年1月4日 - 1736年3月17日)は、イタリアナポリ楽派オペラ作曲家ペルゴレーシとも呼ばれる。モーツァルトロッシーニらに続くオペラ・ブッファの基礎を築き、甘美な旋律にあふれたオペラを作曲した。短い生涯であったのにも拘らず、古典派音楽の様式を最も早く示した人物として音楽史に名を遺している。

生涯[編集]

マルケ州の町イェージに生まれ、幼い頃から音楽の才能を現し、ナポリ音楽院に入学する。1731年に卒業し、卒業作品として音楽劇『グリエルモ・ダキタニアの改心』を作曲。同年、初のオペラ『サルスティア』を初演するも不評に終わった。

1732年、オペラ・ブッファ『妹に恋した兄』を初演し最初の成功を収めた。1733年8月28日、サン・バルトロメオ劇場でオペラ『誇り高き囚人』を初演。失敗に終わったにもかかわらず、この作品の幕間劇として作曲された『奥様女中 La Serva Padrona』が歴史的な大成功を収め、オペラの歴史に大きな変革をもたらした。1734年にはナポリ楽長に就任。

1735年、オペラ『オリンピアーデ』をローマで初演するが失敗しナポリへ戻る。この頃から結核のため体調が悪化し、宗教音楽の作曲に取り組むようになり、1736年にはナポリ近郊ポッツオーリの聖フランチェスコ修道院に療養に移る。ナポリ在住貴族の集まり「悲しみの聖母騎士団Cavalieri della Virgine dei Dolori」から委嘱された『スターバト・マーテル Stabat Mater』(悲しみの聖母)を余力を振り絞って書き上げ、まもなく息を引き取った。26歳の若さであった。

作品[編集]

『奥様女中』

歌劇(オペラ・セリア)[編集]

  • グリエルモ・ダキタニアの回心 San Guglielmo duca d'Aquitania
  • サルスティア Salustia
  • 誇り高き囚人 Il prigionier superbo
  • シリアのハドリアヌス Adriano in siria
  • オリンピアーデ L'Olimpiade

幕間劇(オペラ・ブッファ)[編集]

  • 妹に恋した兄 Lo frate'nnamorato
  • 奥様女中 La serva padrona
  • リヴィエッタとトラコッロ Livietta e Tracollo
  • フラミニオ Il Flaminio

カンタータ[編集]

  • オルフェオ Nel chiuso centro

協奏曲[編集]

  • フルート協奏曲第1番ト長調
  • フルート協奏曲第2番ニ長調
  • ヴァイオリン協奏曲変ロ長調(偽作?)

宗教作品[編集]

生前の成功は限られたものであったが、没後人気が上昇し、その結果として偽作が大量に出回ることにもなった。多数の作品が誤って彼の作曲とされ、その混乱は1939~42年の〈作品全集〉にまで及んでいる。

20世紀前半にはイーゴリ・ストラヴィンスキーがペルゴレージの作品の中から数曲を選び[1]、和音などに変更を加えてバレエ音楽「プルチネルラ」とした。形を変えながらもペルゴレージの作品が新古典主義の幕開けを告げたことは興味深い。

脚注[編集]

  1. ^ 後年の研究の結果、ペルゴレージ以外の作曲家の曲が多数含まれていることが判明している。

外部リンク[編集]