ジョヴァンニ・バッティスタ・ドラーギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョヴァンニ・バッティスタ・ドラーギGiovanni Battista Draghi, 1640年ごろ - 1708年)は、盛期バロック音楽イタリア人作曲家鍵盤楽器ヴィルトゥオーソ。現在はハープシコードの作曲家として記憶されている。同時代のオラトリオ作曲家アントニオ・ドラーギAntonio Draghi, (1634年 - 1700年)とは別人。

1660年代チャールズ2世の招きでロンドンに渡り、オペラ作曲家として名を揚げようとするも果たせなかった。1673年サマセット・ハウスの王妃の礼拝堂で初代オルガニストに就任。1684年に、「オルガン紛争 the Battle of the Organs」と呼ばれた事件の当事者となる。オルガン職人の親方レナタス・ハリスと、そのライバルのバーナード・スミス「親爺」が、テンプル教会のオルガン建設の権利をめぐって、それぞれの楽器のデモンストレーションを行うのに、ハリスはドラーギを、スミスはジョン・ブロウとパーセルを雇ったのである。勝者はスミスであった。

1698年ウィリアム3世から恩給を下賜された。

外部リンク[編集]