ジョヴァンニ・トッツェッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョヴァンニ・トッツェッティ(Giovanni Targioni Tozzetti、1712年9月11日 - 1783年1月7日は、イタリア博物学者である。

フィレンツェに生まれた。ピサ大学医学を学び、1734年に卒業した。有名な植物学者、ピエール・アントニオ・ミケーリの元で植物学を学び、後にミケリの後を継いで、フレンツェ植物園の園長となり、植物学の教授となった。

植物病理学の分野で業績をあげ、1739年にフレンツェの中央国立図書館(Biblioteca Nazionale Centrale di Firenze)の館長になり長くその職にあった。その間に植物学以外の歴史学にも興味を持った。トスカーナ地方の歴史や遺跡に関する著書、"Viaggi fatti in diverse parti della Toscana per osservare le produzioni naturali e gli antichi monumenti" を著した。

1763年に『王立ギャラリーの自然物目録』("Catalogo delle Produzioni Naturali presenti nella Real Galleria")を出版し、博物館の創設を提言し、R. Museo di Fisica e Storia Naturaleは1775年に設立された。 鉱物学のコレクションを作り上げたことでも知られる。

息子の Ottaviano Targioni Tozzetti (1755-1829)と Antonio Targioni Tozzetti (1785-1856)は植物学者になり、Adolfo Targioni Tozzetti (1823-1902)は動物学者となった。

参考文献[編集]

  • Antonio Saltini, Storia delle Scienze Agrarie, vol II, Edizioni Edagricole.
  • Curzio Cipriani, Alba Scarpellini, Un contributo alla mineralogia settecentesca. La collezione di Giovanni Targioni Tozzetti, Firenze Leo S.Olschki Ed, 2007