ジョヴァンニ・スキアパレッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・スキアパレッリ
人物情報
生誕 1835年3月14日
イタリアの旗 イタリアサヴィリアーノ
死没 1910年7月4日(満75歳没)
イタリアの旗 イタリアミラノ
学問
研究分野 天文学
主な業績 火星の「運河」の発見
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル(1872年)
ブルース・メダル(1902年)
テンプレートを表示

ジョヴァンニ・ヴィルジニオ・スキアパレッリ(Giovanni Virginio Schiaparelli, 1835年3月14日 - 1910年7月4日)は、火星の研究で有名なイタリア天文学者。上院議員でもあった。ファッションデザイナーエルザ・スキアパレッリは姪にあたる。

ミラノ天文台長であり、1877年火星の大接近を口径22cmの屈折望遠鏡で観測し、火星の表面全体に線状の模様を発見した。その後の1879年、1881年の観測結果と合わせ発表、イタリア語でcanali水路)と呼んだ。しかしこれが英語のcanals運河)と翻訳されたことで、canalsは人工的な地形だという説が生まれることになった。また、スキアパレッリは火星の主な地形を大陸や海に見立てて命名した。

スキアパレッリが作成した火星の地図(1888年)

火星以外の太陽系の天体も観測しており、1861年には小惑星 (69) ヘスペリア(直径138.1km)を発見した。また、1864年 - 1866年の観測により、しし座流星群母天体テンペル・タットル彗星であり、ペルセウス座流星群の母天体がスウィフト・タットル彗星であることも明らかにした。

受賞歴[編集]

命名