ジョン・H・ホランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ヘンリー・ホランド: John Henry Holland1929年2月2日 - )は、アメリカ合衆国の科学者であり、ミシガン大学心理学電気工学計算機科学の教授を務めている。複雑系と非線形科学の先駆的研究で知られている。また、遺伝的アルゴリズムの生みの親でもある。

経歴[編集]

1929年、インディアナ州フォートウェインに生まれた。マサチューセッツ工科大学で物理学を学び、1950年に学士号を取得。ミシガン大学で数学を学び、1954年に修士号を取得[1]。1959年、ミシガン大学初の計算機科学の博士号を取得した。現在は、ミシガン大学で、心理学電気工学/計算機科学の教授を務めている。

ミシガン大学の The Center for the Study of Complex Systems (CSCS) のメンバーであり、サンタフェ研究所の Board of Trustees and Science Board のメンバーである。

マッカーサー・フェローシップを受けており、世界経済フォーラムのフェローにもなっている。

業績[編集]

ホランドは、頻繁に世界中を回って、複雑適応系(CAS)について講演/講義を行っている。1975年、遺伝的アルゴリズムに関する画期的な著書 "Adaptation in Natural and Artificial Systems" を書いた。また、ホランドのスキーマ定理も生み出した。

著作と論文[編集]

ホランドは以下のような複雑適応系についての著書を著している。

  • 1975年、Adaptation in Natural and Artificial Systems
  • 1995年、Hidden Order: How Adaptation Builds Complexity
  • 1998年、Emergence: From Chaos to Order

主な論文などは以下の通り。

  • 1959年、"A universal computer capable of executing an arbitrary number of subprograms simultaneously", in: Proc. Eastern Joint Comp. Conf. pp.108-112.
  • 1960年、"Iterative circuit computers", in: Proc. Western Joint Comp. Conf. pp.259-265.
  • 1962年、"Outline for a logical theory of adaptive systems", in: JACM, Vol 9, nr. 3, pp. 279-314.
  • 1970年、"Hierarchical descriptions, universal spaces, and adaptive systems", in: Arthur W. Burks, editor. Essays on Cellular Automata. University of Illinois Press. 1970
  • 1989年、"Using Classifier Systems to Study Adaptive Nonlinear Networks", in: Daniel L. Stein, editor. Lectures in the Sciences of Complexity. Addison Wesley. 1989
  • 1990年、"Concerning the Emergence of Tag-Mediated Lookahead in Classifier Systems", in: Stephanie Forrest, editor. Emergent Computation: self-organizing, collective, and cooperative phenomena in natural and computing networks. MIT Press. 1991
  • 1992年、"The Royal Road for Genetic Algorithms: Fitness Landscapes and GA Performance", in: Francisco J. Varela, Paul Bourgine, editors. Toward a Practice of Autonomous Systems: proceedings of the first European conference on Artificial Life. MIT Press. 1992
  • 1994年、"Echoing Emergence: objectives, rough definitions, and speculations for ECHO-class models", in: George A. Cowan, David Pines, David Meltzer, editors. Complexity: metaphors, models, and reality, Addison-Wesley. 1994
  • 1995年、"Can There Be A Unified Theory of Complex Adaptive Systems?", in: Harold J. Morowitz, Jerome L. Singer, editors. The Mind, The Brain, and Complex Adaptive Systems. Addison-Wesley. 1995
  • 2000年、"Board Games", in: John Brockman, editor. The Greatest Inventions of the Past 2000 Years. Phoenix. 2000.
  • 2002年、"What is to Come and How to Predict It.", in: John Brockman, editor. The Next Fifty Years: science in the first half of the twenty-first century. Weidenfeld & Nicholson. 2002

脚注[編集]

外部リンク[編集]