ジョン・ロウリー・ドブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ロウリー・ドブソン
2002年のジョン・ロウリー・ドブソン
生誕 John Lowry Dobson
1915年9月14日
中華民国北京市
死没 2014年1月15日(98歳)
アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンク
国籍 アメリカ合衆国
職業 アマチュア天文家
著名な実績 ドブソニアン望遠鏡

ジョン・ロウリー・ドブソン英語:John Lowry Dobson、1915年9月14日2014年1月15日)は、米国アマチュア天文家である。天文愛好者に大口径望遠鏡を安くて簡単に扱われ、ドブソニアン望遠鏡の考案者として知られている。

1915年中国北京で生まれ、1927年に家族と米国サンフランシスコへ移民した。1956年から修道士を担当している間、自作の望遠鏡で天体観察を始め、“ドブソニアン”という新型望遠鏡を考案した。1968年に天体観察のために離職し、NPO団体「Sidewalk Astronomers」を立ち上げるなど、天文普及を目指していた。2014年1月15日、カリフォルニア州で98歳で死去した。[1]

脚注[編集]

  1. ^ ドブソニアン望遠鏡の考案者 ジョン・ドブソン氏