ジョン・ルーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ルーリー

ジョン・ルーリーJohn Lurie1952年12月14日 - )はアメリカサックス奏者、俳優。ミネアポリス出身。

略歴[編集]

1978年にギタリストのアート・リンゼイ、弟のエヴァン・ルーリーらとラウンジ・リザーズを結成。マイルス・デイヴィスの作品を多く手掛けたテオ・マセロをプロデューサーに迎え、1981年にアルバム「The Lounge Lizards」を発表した。自らの音楽を「フェイク・ジャズ」と呼ぶ。1980年代にはジム・ジャームッシュ監督の「ストレンジャー・ザン・パラダイス」、「ダウン・バイ・ロー」に出演した。1991年に自らが監督、出演した釣り番組「フィッシング・ウィズ・ジョン」は、デニス・ホッパートム・ウェイツウィレム・デフォーマット・ディロンがゲスト出演し話題となった。

坂本龍一のアルバム「ハートビート」に参加している。1991年に東京で行われたコム・デ・ギャルソンのファッションショーへモデルとして出演した。 1990年代、ライム病を発症した。 近年は画家としても活動を続けており、2010年にはワタリウム美術館でも個展が開かれた。

フィルモグラフィ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • Berlin 1991 Volume One and the Lounge Lizards (1991)
  • Men With Sticks: John Lurie National Orchestra (1993)
  • The Days with Jacques
  • The Legendary Marvin Pontiac (1999)