ジョン・ルーサー・ロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ルーサー・ロング(John Luther Long、1861年1月1日 - 1927年10月31日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれの弁護士小説家

ロングは、姉のサラ・ジェーン・コレルが日本に滞在した際に聞いた話を基に、プッチーニ作のオペラ蝶々夫人』(Madama Butterfly。1904年初演)の原作である短編小説『マダム・バタフライ』(Madame Butterfly)を書いたことで知られる。同小説は1898年ユタ大学の学生雑誌『センチュリー・マガジン』1月号に発表された。1900年には劇作家デーヴィッド・ベラスコによって戯曲化され、ニューヨークで初演された。

外部リンク[編集]