ジョン・ルイス (ジャズ演奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ルイス
}
基本情報
出生 1920年5月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
死没 2001年3月29日(満80歳没)
担当楽器 ピアノ

ジョン・アーロン・ルイスJohn Aaron Lewis, 1920年5月3日 - 2001年3月29日)はアメリカジャズ・ミュージシャン、ピアニスト

来歴[編集]

イリノイ州で生まれ、ニューメキシコ州で育つ。

ディジー・ガレスピーの楽団でデビュー。以降チャーリー・パーカーマイルス・デイヴィスなどと共演。

1952年に、ガレスピー楽団出身者を集めてモダン・ジャズ・カルテット(MJQ)を結成した。以後、終生にわたってMJQのリーダー格として活動、ビバップに影響を受けながらも、クラシックの室内楽を思わせる端正かつユニークな音楽性を確立した。

1957年フランス映画『大運河』(監督:ロジェ・ヴァディム)の音楽を担当。ヌーヴェルヴァーグとジャズの関わりにおいて先駆者的存在となる。

一方、ガンサー・シュラーらとともに、ジャズとクラシックの融合を目指した「サードストリーム・ミュージック」を追求した。

作編曲家としても卓越した業績を残す。

妻のミリヤナ・ヴルバニッチ(Mirjana Vrbanic)はクロアチア出身のピアニストでハープシコード奏者。ミリヤナ・ルイス名義でも活動。夫ジョン・ルイスと共演したアルバムもある。

代表作 (いずれもMJQとしてのアルバム)[編集]

  • コンコルド
  • ジャンゴ
  • ピラミッド

アルバム[編集]

  • アフタヌーン・イン・パリ ( 1956年)
  • ジョン・ルイス・ピアノ ( 1956年)

外部リンク[編集]