ジョン・リスト事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・リスト事件(ジョン・リストじけん、英:John List)とは、1971年アメリカ合衆国で発生した一家殺人事件である。事件発覚と同時に被疑者は特定されたが、逮捕までに18年かかった。

事件の概要[編集]

事件の発覚[編集]

1971年12月7日ニュージャージー州ウェストフィールドに住む、裕福な会計士ジョン・リスト(1925年9月17日生まれ、当時46歳)の豪壮な館は、1ヶ月もの間、人の気配がないにもかかわらず、夜になると電燈がついており、中からはクラシック音楽が昼夜問わず大音量で流されていた。そのため近所から不審であるとする通報が警察によせられていた。そのため警察官がこの日踏み込んだところ4人の遺体が部屋に置かれた寝袋の上にあるのを発見した。

4人はジョン・リストの妻(当時45歳)と10代の子供3人であった。二階の寝室には母親(当時85歳)の遺体が発見された。いずれも射殺されていた。子供の最期の足取りから、一連の犯行は11月9日に行われたと判明した。最初に妻を殺害し、次いで母親、そして下校してきた子供達を次々に射殺したと断定した。これはジョンが一連の犯行を認めた地元の教会の牧師宛の手紙を残していたためである。その手紙のなかで犯行動機として、多重債務と仕事の失敗が重なり経済的破綻に陥ってしまったこと、また子供たちが演劇ロックオカルトにうつつをぬかしており、宗教的成長が見込めないこと(ジョンはルーテル教会の信者だった)などを上げており、家族5人も殺害した行為を自己正当化するものであった。その上ジョンは子供達が登校しないのを不審におもわれないように、学校にはノースカロライナ州にいると連絡し、郵便物も現地の郵便局留めにする手続きをとるなど偽装工作をしていた。

ジョンの乗用車はニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港で発見され、母親の銀行口座から現金を引き出しており、遠くに逃亡したのは確実であった。全米に指名手配されたほかジョンはドイツ語が堪能(ジョンはドイツ系アメリカ人であった)であったため、国外にも手配されたが長年にわたり身柄を拘束することができなかった。なお惨劇の舞台となった彼の家は1972年8月30日に不審火で焼失した。

逮捕のきっかけ[編集]

1989年に地元警察はテレビ番組『アメリカの指名手配犯人』"America's Most Wanted"の製作元にかけあい、ジョンの事件を取り上げてもらうことにした。この番組は逃亡犯の事件再現と追跡調査を放映するものであったが、この時点で18年も経過した事件を扱うのは異例であった。

番組は1989年5月21日に放送され、事件再現映像とともに、彫刻家フランク・ベンダーによる64歳になった現在のジョンの胸像を公開した。この胸像はプロファイリングで得られた予測情報から作製したものであった。ジョンは宗教的理由から外見を一変させるような整形手術を受けてなく、その性格から単調な食生活を繰り返した結果としてあごが垂れ下がり、また父親の晩年の写真を参考に生え際も後退していることや、外出して運動をする習慣が無かったという情報から肌色は青白く、度が進んだ眼鏡をかけるなどを盛り込んだものであった。この胸像は現実のジョンの姿に近いものであった。また皮肉なことにジョンは、毎週この番組を欠かさず見ていたことも後に判明した。

番組放送後、バージニア州リッチモンドに住む「ロバート・クラーク」に似ているとの情報が寄せられ、警察が捜査したところ本人であるのが確認され、6月1日に逮捕された。ジョンは事件後コロラド州に逃亡し、そこで偽名で社会保障番号を取得し会計士となり結婚までしていた。その後債務に苦しんだためリッチモンドに引越ししていた。

裁判と判決[編集]

1990年4月12日に、ニュージャージー州の法廷は家族5人に対する第一級殺人罪で5回の終身刑(ニュージャージー州では死刑制度は当時存置されていたが、死刑は回避された)を言い渡した。裁判でジョンは殺害した家族に対する謝罪も後悔も表明しなかった。ジョンは収監されていたトレントン刑務所で2008年3月21日肺炎で82歳で死亡した。

備考[編集]

アメリカではハイジャックで身代金を奪取したD.B.クーパー事件(1971年11月24日)の被疑者の一人としてジョンが名指しされたことがある。これはジョンの容貌が似ているためであるが、単なる噂といわれている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]