ジョン・ラーベ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Rabe
監督 フローリアン・ガレンベルガー
脚本 フローリアン・ガレンベルガー
製作 ベンヤミン・ヘルマン
ミシャ・ホフマン
ヤン・モイト
出演者 ウルリッヒ・トゥクル
ダニエル・ブリュール
スティーヴ・ブシェミ
アンヌ・コンシニ
ダグマー・マンツェル
チャン・チンチュー
香川照之
マティアス・ヘルマン
杉本哲太
柄本明
ARATA
ショーン・ロートン
クリスチャン・ロドスカ
ゴットフリート・ヨーン
音楽 アネッテ・フォックス
撮影 ユルゲン・ユルゲス
編集 ハンスイェルク・ヴァイスブリッヒ
公開 ドイツの旗 2009年2月7日
第59回ベルリン国際映画祭
ドイツの旗 2009年4月2日
中華人民共和国の旗 2009年4月29日
上映時間 2時間14分(劇場公開版)
製作国 ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
中華人民共和国の旗 中国
言語 英語
ドイツ語
スペイン語
フランス語
北京官話
広東語
日本語
製作費 $ 20,000,000[1]
興行収入 $ 67,519[2]
テンプレートを表示

ジョン・ラーベ』 (John Rabe) は、2009年公開のドイツフランス中華人民共和国合作による映画。2009年のドイツ映画賞で7部門(作品・監督・主演男優・助演男優・撮影・美術・衣裳)中4部門と最多の賞を受賞した。

概要[編集]

シーメンス中国支社長・ナチス党員で、1937年の日本軍による南京事件にあたって現地民の保護に尽力し、死後に「中国のシンドラー」と評価されたジョン・ラーベの日記を元に映画化したもの(ただし、後述するように原作から大幅に脚色されている)。

ラーベと在留欧米人たちは協力して、南京のシーメンス社の敷地および周辺に国際安全区を設置した。そこには一時、20万人を超える中国人が避難していた。さらに自宅に600人の難民を受け入れた。ラーベは、日本とナチス政権との同盟をもとに日本軍が安全区に進入するのを食い止め、多くの市民を日本軍の大虐殺から保護した。

国際版と中国語版で内容が異なる箇所があり、国際版にある蒋介石の登場シーンは中国語版では削除されている。

2009年4月1日に、日本の配給会社が公開を拒否し[3]、見ることも断った[4]と報じられた。また監督のフローリアン・ガレンベルガーによると、朝香宮鳩彦王が登場するシーンをすべて削除するという条件で日本での公開を持ちかけてきた配給会社があったとのことだが、この申し出は拒否された[5]。2014年5月17日、江戸東京博物館ホールにて、「南京・史実を守る映画祭」実行委員会より日本で初上映される。

本作と並行して、第2ドイツテレビおよびアメリカのHBOが共同で『John Rabe - eine wahre Geschichte』(ジョン・ラーベ - 真実の物語)を製作している[6]

出演[編集]

受賞[編集]

  • ドイツ映画賞(英語Deutscher Filmpreis)主演男優賞(ウルリッヒ・トゥクル)・作品賞(ベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト)・美術賞(屠居華)・衣装賞(リジー・クリストゥル)
  • バイエルン映画賞 最優秀男優賞(ウルリッヒ・トゥクル)・最優秀作品賞(ベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト)

原作及び実人物との相違点[編集]

原作となったラーベの日記には日本軍の南京における残虐行為を直接目撃する証言などの内容は少なく、中国人の間に日本軍による虐殺の話があること、安全区における殺人の通報があったことを伝えているだけで、ラーベ自身は街を歩く際に死体をたくさん目撃したと書いているが、殺人そのものを目撃・証言したわけではない。しかし本作はあくまで劇映画であり、日記では証言されていない日本軍による虐殺事件が描かれているほか、虐殺事件犠牲者の数について極東軍事法廷で認めた遭難者20~30万人の上限、30万人説に基づいた内容の字幕がエンディングに出る。

なお、日記には日本軍への告発だけでなく、難民が避難している安全区に砲台を設けたり、安全区内の空家に潜伏し放火や掠奪行為を行う中国兵、市民を置いて逃亡した蒋介石政府と唐生智将軍など、中国側にとっても辛辣な記述があるが、そのようなシーンは本作では描かれていない。

また、ラーベについては、利益を貪るために植民地主義であった当時の欧米から中国に派遣された人物であり、シーメンス社もラーベを通じて中国国民党に電話施設や発電所施設を売っていたほか、表向き禁止されていた武器輸出にも関わっていた死の商人であるとする主張もある[7]。しかし、本作ではラーベは中国人民を守るために日本軍将校の構えるピストルの前に身を投げ出す愛と善意の人として描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ John Rabe (2009) - Box office / business インターネット・ムービー・データベース、2011年2月25日閲覧。
  2. ^ John Rabe (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月13日閲覧。
  3. ^ 「ジョン・ラーベ」、日本で上映できず China Radio International, 2009年4月1日。
  4. ^ 南京大虐殺を描いた『ジョン・ラーベ』、日本で上映禁止 サーチナ、2009年4月1日。
  5. ^ Shelter Under The Swastika: The John Rabe Story NPR, 2010年6月14日。
  6. ^ Der Oskar Schindler Chinas kommt ins Fernsehen FAZ.NET, 2007年12月13日。
  7. ^ アメリカハーバード大学ウィリアム・カービー教授は、シーメンス社がオランダの複数の会社を通じて中国へ武器を売っていたと指摘し(William C. Kirby, Germany and Republican China, Stanford University Press (1984)ほか。読売新聞「20世紀取材班・20世紀欧州大戦」中公文庫も参照)、成城大学教授の田嶋信雄も「1920年代のラーベは武器貿易にかかわった」と述べている(『ナチズム極東戦略――日独防共協定を巡る諜報戦』(講談社)ほか。また田嶋による関係文献については[1]を参照。読売新聞「20世紀取材班・20世紀欧州大戦」中公文庫も参照)。

外部リンク[編集]