ジョン・ラーベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ハインリヒ・デトレフ・ラーベ(John Heinrich Detlef Rabe, 1882年11月23日 - 1950年1月5日)は、ドイツ人商社員。シーメンス社の中国駐在員(のち中国支社総責任者)として約30年に渡って中国に滞在し、日中戦争南京攻略戦時には民間人の保護活動に尽力した。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)南京支部副支部長。南京安全区国際委員会委員長。

ドイツ語の発音ではヨーン・ラーベのほうが近いが、英語読みである「ジョン」の表記が一般的である。なぜなら「ラーベが生まれた港町ハンブルクでは、当時英語名のこの名前がドイツ人にもしばしば命名され、発音も英語であったためである」とラーベの長女が梶村太一郎に証言している。

経歴[編集]

帝政ドイツ時代のハンブルクに生まれる。商社での修業ののちアフリカにわたって数年を過ごし、1908年に中国に移り、1910年からシーメンス社の中国支社で勤務。一介の商社員として瀋陽北京天津上海、そして南京と中国各地を転勤する。その間、中国は清朝から中華民国へと移り変わり、さらには日本の進出によって1932年に満洲国が建国される。母国ドイツでは1918年にドイツ革命の勃発によって帝政ドイツは終焉しワイマール共和国が成立、さらに1933にはアドルフ・ヒトラー総統率いるナチ党が政権を奪取しナチス・ドイツとなるなど激動の時代を迎えていた。ナチス・ドイツ成立時、中国では最古参のドイツ人であり、ワイマール期に引き続いてドイツ政府と強いコネを持ち続ける巨大複合企業シーメンスの中国支社のトップとしてたまたま南京にいたラーベは、ナチス南京支部副支部長に就任する。この頃より糖尿病の持病があり、南京市にてインスリン治療を受けていた。

1937年、日中戦争が勃発し、日本軍による南京攻略戦の際に、他の十数人の外国人と共同で組織した南京安全区国際委員会の委員長となって、中国民間人の保護に努める。そのほか自分の所有する土地にハーケンクロイツ旗を掲げ、602人といわれる避難してきた民間人を戦禍から守ろうとした。南京陥落後は、非人道的行為の防止に尽力する。

1938年2月28日に南京からの退去を日本軍に命ぜられ、ドイツに帰国したラーベは母国ドイツが日本・イタリアとの三国同盟を予定していることを知り、これに反対する政治活動を開始する。ベルリンその他で日本軍の残虐行為を喧伝するフィルムの上映・写真の展示を行うとともに、ヒトラーに上申書を提出し、日本軍による非人道的行為を止めさせるよう働きかけることを提言した。しかし、政府からはまったく相手にされないどころか、直後にゲシュタポによって逮捕勾留される。シーメンス社の介入によってすぐに釈放されたが、写真の類を没収されるとともに、以後公での発言を禁止された。シーメンス社はその後も彼を雇用し続け、ラーベの身の安全を確保するためアフガニスタンに一時的に転勤させた後、終戦までベルリン本社で海外出張する社員の世話をする庶務係として勤務させた。失意のラーベはこの期間に、後に『ラーベの日記』として再発見されることになる草稿を、何年にも渡って書き綴っていたようである。

戦後もシーメンス社でごく僅かな期間働いたが、ナチ党員であったことを理由にソ連軍イギリス軍に相次いで逮捕され、激しい尋問を受けた。イギリス軍政当局によって労働許可を剥奪され、長い非ナチ化のプロセスを経験させられた。非ナチ化が完了して釈放されたのは1946年6月であったが、その後も周囲から元ナチ党員としての非難を受け、貧しい生活を余儀なくされることになった。1948年より南京市から少額の年金を支給されていたが、ほどなく国共内戦によって中華民国政府が南京市を追われたために打ち切られるなど、戦中・戦後の混乱の中で不遇な生活を送った。

1950年脳卒中のため死去。墓所はベルリン・シャルロッテンブルク地区カイザー・ヴィルヘルム記念墓地ドイツ語版にある。

『日記』[編集]

南京に保存されているラーベの旧宅

ベルリンの失意時代に書かれた[要検証 ]ラーベの日記は、のち1996年に孫のトーマス・ラーベおよび当時ラーベ家の食客であったエルヴィン・ヴィッケルトErwin Wickert, 元ドイツ中国大使)によって出版された。英語、中国語、及び平野卿子によって『南京の真実』の邦題で日本語に翻訳されている。

また、一般的にこの日記は日本軍の南京における残虐行為を証言する内容を含むと誤解されているが、実際には中国人の間に日本軍による虐殺の噂があること、安全区において5件の殺人事件の通報があったことを伝えているだけで、ラーベ自身は1件の殺人も残虐行為も目撃・証言してはいない。さらに、日記では日本軍に対する告発のほかにも、難民が避難している安全区に砲台を設けたり、安全区内の空家に潜伏し、放火や掠奪行為を行う中国兵、市民を置いて逃亡した蒋介石政府と唐生智将軍など、中国側にとっても辛辣な記述があり、ラーベ自身も「ここはアジアなのだ!」と記している。また文中には反ユダヤ的な言動がいくつか見られ、ラーベが帝政時代に多かった反ユダヤ主義者であったこともわかる。[要検証 ]

日本語訳への批判[編集]

ラーベの日記の日本語訳である『南京の真実』(講談社、1997年、のち講談社文庫、2000年)について、日独平和フォーラムベルリン代表の一人である梶村太一郎は、多数の誤訳や内容の改竄・捏造について指摘し、「原書とは似ても似つかぬ通俗な“歴史読物”になってしまっている」として批判している[1]

梶村は、日本語訳本の帯にヴィッケルトの言葉として引用された「南京のシンドラー」という表現について、ヴィッケルト自身は「ラーベは“南京のシンドラー”ではない」と原著に書いているのに、「なぜか原書と正反対にされている」と指摘した[1]うえで、さらに原著における「ラーベは“南京のシンドラー”ではない」という文章[2]が翻訳では「抄訳」という形で削除されている、と指摘している[1]

平野の訳では、この本の276頁、ラーベと『ラーベの日記』自体についてのヴィッケルトの解説として、「一九九六年十二月、彼の日記が公表されたとき、『ニューヨーク・タイムズ』はラーベを「南京のオスカー・シンドラー」と称えた」と訳され、それに続いて共通点を挙げた記述の後、「オスカー・シンドラーの場合は、どこまで商業上の利益がからんでいたのか、判然としないところがあった。だがジョン・ラーベの動機は間違いなく純粋だ」と訳されている。

さらに、訳書を校閲・解説した横山宏章による「『中国のシンドラー』と呼ばれるのも当然」という発言[3]に対して、「なぜ姑息な隠蔽で原書と異なる人物像を宣伝するのか」「もし映画で有名なシンドラーにあやかる商業主義によるのであれば、学者として恥ずかしくはないのだろうか?」として批判した。

ほか、同訳書には、ユダヤ人、日本軍関係について原著にはない表現が加筆されたりしており、原書の持つ史料としての価値は「完全に失われ」ているとして批判した[1]

中国国民党との関わり[編集]

日本軍の侵攻によって、30年間の努力を無駄にされて帰国せざるをえなかったラーベは政治的に中立的人物であったとは言いがたいという主張がある。

当時のドイツは中国戦線においては日本の同盟国ではなく、第一次世界大戦における青島攻防戦での旧交戦国であり、アメリカ・イギリスとともに、蒋介石国民党軍を軍事的・財政的に支援する敵対勢力であった。ドイツは国民党に莫大な借款を与え、蒋介石軍の用いていた武器の70%がドイツ製であったといわれるほどの多量の武器を供与し、軍事顧問団の派遣まで行っていた。またシーメンス社もラーベを通じて国民党に電話施設や発電所施設を売っていた。一方でドイツは先の第一次大戦の敗北によって、表向きは武器の輸出を禁止されていた。

このため、シーメンス社など民間会社の駐在員たちが中国への武器輸出を裏で仲介していたのではないか、特に中国滞在30年の最古参の社員かつナチス党南京副支部長でもあったラーベがこれに全く関与していなかったとは考えにくいという主張がある。田中正明は「ラーベの所属するシーメンス社は、兵器や通信機の有名な製作会社である。ラーベの納めた高射砲は当時日本にもない優秀なものであった」と、ラーべが対中国国民党の武器商人であったという説を発表した[4]。また、アメリカハーバード大学ウィリアム・カービー教授は、シーメンス社がオランダの複数の会社を通じて中国へ武器を売っていたと指摘し[5]成城大学教授の田嶋信雄も「1920年代のラーベは武器貿易にかかわった」と述べている[6]

死後の顕彰[編集]

南京でラーベが暮らしていた住居は、2006年にドイツ政府の資金拠出(225万)によって修理・保存されており、彼の銅像も置かれている。ラーベのドイツでの知名度は低かったが、ヨハネス・ラウ大統領は中国訪問の際に記念碑を訪れてその功績を顕彰した。ハイデルベルクにもラーベの名を冠した施設と胸像がある。

著作[編集]

  • 『南京の真実』講談社、1997年、ISBN 4062088665
  • 『The Good Man of Nanking: The Diaries of John Rabe』Vintage, 2000年、ISBN 0375701974

映画[編集]

2009年に、ラーベを主人公としたドイツ・中華人民共和国フランスの合作映画 『ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜』(20世紀フォックス配給、原題 John Rabe、英国タイトル City of War - the Story of John Rabe)が製作され、同年4月2日にドイツで、続いて同28日には中国でも公開された。同年11月にはベルギー、フランス、イタリアスペインでも公開されている。第59回ドイツ映画賞にて、主演男優賞(ウルリッヒ・トゥクル)・作品賞(ベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト)・美術賞(屠居華)・衣装賞(リジー・クリストゥル)の4部門で受賞した。

一方、香川照之柄本明ARATAなど日本人俳優も多く出演しているものの、日本では映画配給会社が揃って上映を拒否し公開は実現しなかった[7][8]。またドイツ文化局は中国向けサイトでは盛んにこの映画を宣伝し、韓国や英語圏向けサイトでもいくつか記事にしているが、日本向けサイトでは未だに一言もラーベに言及していない。2014年5月17日、「南京・史実を守る映画祭」実行委員会によって江戸東京博物館ホールで行われた上映が日本初公開となった。

本作において、虐殺事件の責任者であり命令を下したのは香川演じる朝香宮鳩彦王であるとしている。実際劇中での朝香宮は「冷酷な日本軍人」として描かれている。また、ラーベは中国人民を守るために日本軍将校の構えるピストルの前に身を投げ出す愛と善意の人として描かれている。また、虐殺事件の犠牲者の数について中国共産党の唱える30万人説に基づいた内容の字幕がエンディングに出る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 梶村太一郎「ゆがめられたラーべの人物像」『週刊金曜日』、1997.12.5号。
  2. ^ 原著P.344
  3. ^ 朝日新聞』1997年10月8日記事
  4. ^ 『月刊日本』1998年1月号、55ページ。
  5. ^ William C. Kirby, Germany and Republican China, Stanford University Press (1984)ほか。読売新聞「20世紀取材班・20世紀欧州大戦」中公文庫も参照
  6. ^ 『ナチズム極東戦略――日独防共協定を巡る諜報戦』(講談社)ほか。また田嶋による関係文献については[1]を参照。読売新聞「20世紀取材班・20世紀欧州大戦」中公文庫も参照
  7. ^ 南京大虐殺を描いた『ジョン・ラーベ』、日本で上映禁止”. サーチナ. 2009年4月1日閲覧。
  8. ^ 「ジョン・ラーベ」、日本で上映できず”. CRI. 2009年4月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ジョン・ラーベ記念館 - ラーベの孫トーマス・ラーベがハイデルベルクに開いている記念館のページ。日本語による概要はハッカーの攻撃を受けて閉鎖中。