ジョン・ラター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ラター

ジョン・ラターJohn Rutter1945年9月24日 - )は、イギリス作曲家指揮者である。主に合唱の分野で活躍し、その曲は英米を中心にポピュラーになっている。日本ではラッターとも表記される。作品の多くはオックスフォード大学出版局から刊行されている。

経歴[編集]

ロンドン生まれ。ハイゲイト校(Highgate School)の聖歌隊員を経て、ケンブリッジ大学クレア・カレッジ(Clare College)で音楽を学ぶ。在学中から既成のクリスマス・キャロルを編曲するとともに、自ら作詞・作曲した新作キャロルを発表する。卒業後、1975年から同カレッジの音楽科主任を務めた。

1979年、作曲活動に専念するためカレッジを辞し、1981年には教え子を中心としたプロの合唱団ケンブリッジ・シンガーズ(The Cambridge Singers)を結成。1984年には専用レーベルのコレギウム・レコード(Collegium Records)を設立、自作を含めた合唱曲を多数録音している。

また、フォーレ作曲『レクイエム』の校訂をおこない、1984年に1893年版が出版された。これは、オーケストラの編成がそれまで一般的に演奏されてきたものより小規模な「第二版」で、作曲者の意向を反映したものとされている。その後第二版を再現する試みがいくつかなされているが、ラターの1893年版はその嚆矢となった。

作風[編集]

20世紀後半の作曲家としては異例なほど保守的で、前衛的・実験的な要素はほとんど見られない。それに代わって、ポップで歌うのが楽しい旋律とすっきりとした和音が曲の基調をなし、諸所に変拍子ジャズのイディオムを混ぜることで現代性を加えている。また、グレゴリオ聖歌を引用するところや、民謡を積極的に取り入れることもあり音楽を専門としない人たちにも親しみやすさがある。

印象的でポップな旋律によって、各国のアマチュア合唱団の間では絶大な人気を誇る一方、キリスト教に関連した合唱曲が大半なのにもかかわらず、本国イギリス・イギリス国教会およびキリスト教国およびプロの合唱団からは、重要な作品とみなされておらず、合唱曲のポップ版、またはクリスチャン・ロックの合唱版と同じレベルでみられている。

日本においては、1980年代後半に作品が歌われ始め、1990年代にケンブリッジ・シンガーズのCDが多数輸入されるようになると、広く演奏されるようになった。

主な作品[編集]

宗教合唱曲[編集]

合唱と管弦楽[編集]

アンセム[編集]

  • The Lord bless you and keep you
  • O be joyful in the Lord
  • Te Deum

クリスマス・キャロル(オリジナル)[編集]

  • Shepherd's Pipe Carol
  • Star Carol

クリスマス・キャロル(編曲)[編集]

  • Eight Christmas Carols
  • Twelve Christmas Carols
  • Candlelight Carol
  • Dancing Day (1974)

その他の宗教曲[編集]

  • All things bright and beautiful
  • For the beauty of the earth
  • The Lord bless you and keep you

世俗合唱曲[編集]

  • Five Childhood Lyrics (1973)
  • Three American Lyrics
  • The Sprig of Thyme
  • Birthday Madrigals (1995)

器楽曲[編集]

  • Suite for Strings (1973)
  • Suite Antique (1979)

外部リンク[編集]