ジョン・ラギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ラギーJohn Gerard Ruggie, 1944年10月18日 - )は、アメリカ合衆国国際政治学者

オーストリアグラーツで生まれ、1956年カナダに移住。マックマスター大学卒業、カリフォルニア大学バークレー校より博士号取得。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授、コロンビア大学教授を経て、現在、ハーバード大学ケネディ行政大学院教授。

1997年から2000年まで、コフィ・アナン国連事務総長のシニア・アドバイザーを務め、企業に対し人権・労働基準・環境の分野における9原則への支持と実践を求める「グローバル・コンパクト」の設立に尽力した。

業績[編集]

埋め込まれた自由主義

「埋め込まれた自由主義 embedded liberalism」とは、第二次大戦後から1970年代までの先進諸国で支配的だった政治経済体制を指し、国際領域における自由主義経済と国内領域における福祉国家という一見矛盾した状況を解明した[1]

新現実主義批判

ケネス・ウォルツが打ち出したネオリアリズムでは、システムレベルを重視するあまり、ヨーロッパ中世秩序から近代の主権国家秩序への移行が説明できない点を指摘した[2]

著作[編集]

単著[編集]

  • Winning the Peace: America and World Order in the New Era, (Columbia University Press, 1996).
小野塚佳光前田幸男訳『平和を勝ち取る――アメリカはどのように戦後秩序を築いたか』(岩波書店, 2009年)
  • Constructing the World Polity: Essays on International Institutionalization, (Routledge, 1998).
  • Just business: multinational corporations and human rights, W. W. Norton, 2013.
『正しいビジネス――世界が取り組む「多国籍企業と人権」の課題』、東澤靖訳、岩波書店、2014年

編著[編集]

  • The Antinomies of Interdependence: National Welfare and the International Division of Labor, (Columbia University Press, 1983).
  • Multilateralism Matters: the Theory and Praxis of an Institutional Form, (Columbia University Press, 1993).

共編著[編集]

  • Power, Passions, and Purpose: Prospects for North-South Negotiations, co-edited with Jagdish N. Bhagwati, (MIT Press, 1984).

論文[編集]

  • "Collective Goods and Future International Collaboration", American Political Science Review, vol. 66, no. 3 (1972).
  • "Contingencies, Constraints, and Collective Security: Perspectives on UN Involvement in International Disputes", International Organization, vol. 28, no. 3 (1974).
  • "International Responses to Technology: Concepts and Trends", International Organization, vol. 29, no. 3 (1975).
  • "International Regimes, Transactions, and Change: Embedded Liberalism in the Postwar Economic Order", International Organization, vol. 36, no. 2 (1982).
  • "Continuity and Transformation in the World Polity: Toward a Neorealist Synthesis", World Politics, vol. 35, no. 2 (1983).
  • "Multilateralism: the Anatomy of an Institution", International Organization vol. 46, no. 3 (1992)
  • "Territoriality and Beyond: Problematizing Modernity in International Relations", International Organization, vol. 47, no. 1 (1993).
  • "Third Try at World Order? America and Multilateralism after the Cold War", Political Science Quarterly, vol. 109, no. 4 (1994).
  • "The Past as Prologue?: Interests, Identity, and American Foreign Policy", International Security, vol. 21, no. 4 (1997).
  • "What Makes the World Hang Together? Neo-Utilitarianism and the Social Constructivist Challenge", International Organization, vol. 52, no. 4 (1998).
  • "The United Nations and Globalization: Patterns and Limits of Institutional Adaptation", Global Governance, vol. 9, no. 3 (2003).
  • "Reconstituting the Global Public Domain: Issues, Actors, and Practices", European Journal of International Relations, vol. 10, no. 4 (2004).

邦訳論文[編集]

  • 高嶋正晴訳)「埋め込まれた自由主義のグローバル化――企業の関係から」デイヴィッド・ヘルド、マーティアス・ケーニッヒ・アーキブジ編『グローバル化をどうとらえるか――ガヴァナンスの新地平』(法律文化社、2004年)

出典[編集]

  1. ^ "International Regimes, Transactions, and Change: Embedded Liberalism in the Postwar Economic Order", International Organization, vol. 36, no. 2 (1982).
  2. ^ "Continuity and Transformation in the World Polity: Toward a Neorealist Synthesis", World Politics, vol. 35, no. 2 (1983).