ジョン・ムーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ムーニー
ジョン・ムーニー (2004)
ジョン・ムーニー (2004)
基本情報
出生 1955年4月3日(59歳)
ニュージャージー州イーストオレンジ
ジャンル ブルースR&B
職業 ミュージシャン、歌手
担当楽器 ギター
活動期間 1979年~現在
レーベル ブラインド・ピッグ
ハウス・オブ・ブルース
パワーハウス
ブルズアイ・ブルース
公式サイト http://www.johnmooneylive.com/

{{{Influences}}}

ジョン・ムーニー (John Mooney, 1955年4月3日 - ) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動するブルースギタリストシンガーデルタ・ブルースとニューオーリンズ固有のファンキーなセカンド・ライン・ビートを融合させた独自のサウンドを展開している。ギタリストとしては、特にスライド・ギターのプレイで知られている。

来歴[編集]

ジョン・ムーニーは、ニュージャージー州イーストオレンジに生まれ、ニューヨーク州ロチェスターに育った。15歳で家を出たムーニーは、その翌年伝説的なミシシッピのブルースマン、サン・ハウスと出会う。彼から直接影響を受け、ミシシッピ・デルタ直系のスタイルを学んでいった。

1976年にニューオーリンズへ移住する。間もなくムーニーは、アール・キングザ・ミーターズスヌークス・イーグリンプロフェッサー・ロングヘアといったニューオーリンズのR&Bシーンの大物たちと共演するようになった。

1979年ブラインド・ピッグ・レコードよりデビュー作、 Comin' Your Wayをリリース。1981年には、自己のバンドブルージアナを結成し、ソロ活動を本格化させた。以後、ハウス・オブ・ブルース・レーベルからリリースされたAgainst The Wallを始め、ドイツのレーベル、クロスカット、ラフからのアルバムなど複数のレーベルからアルバムを発表し続けた。2000年には、古巣ブラインド・ピッグに戻り、ゲストにドクター・ジョンを迎えたGone To Hellをリリース。その2年後には、同レーベルからAll I Wantをリリースした。

彼の最新作Big Ol' Fiyaは、2006年にブルース・ミュージック・アワードのコンテンポラリー・ブルース・アルバム賞にノミネートされている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1979年 Comin' Your Way (Blind Pig)
  • 1980年 Late Last Night (Bullseye Blues)
  • 1984年 Telephone Blues (Powerhouse)
  • 1991年 Telephone King (Powerhouse)
  • 1992年 Testimony (Domino)
  • 1995年 Travelin' On (CrossCut)
  • 1996年 Against the Wall (House Of Blues)
  • 1997年 Dealing with the Devil (Ruf)
  • 2000年 Gone to Hell (Blind Pig)
  • 2002年 All I Want (Blind Pig)
  • 2006年 Big Ol' Fiya (Live Music Lives)

外部リンク[編集]