ジョン・ミルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ミルン
人物情報
生誕 1850年12月30日
イギリスの旗 イギリス リバプール
死没 1913年7月31日(満62歳没)
イギリスの旗 イギリス
居住 イギリスの旗 イギリス日本の旗 日本
学問
研究分野 鉱山学地震学人類学考古学
研究機関 東京帝国大学
テンプレートを表示

ジョン・ミルン(John Milne、1850年12月30日 - 1913年7月31日)は、イギリスリバプール出身の鉱山技師地震学者人類学者考古学者東京帝国大学名誉教授。日本地震学の基礎をつくった。

略歴[編集]

ミルン水平振子地震計。重要文化財国立科学博物館の展示。

その他[編集]

  • 大正8年(1919年)、トネ夫人が病気のため函館に帰る。
  • 大正14年(1925年)、トネ夫人が死去する。
  • 平成4年(1992年)、「THE GREAT EARTHQUAKE OF JAPAN」の復刻版が刊行される。
  • 北海道函館市船見町26番地に、ジョン・ミルン夫妻の墓がある。

著書[編集]

  • 1886年『地震とその他の地球の運動』
  • 1892年『THE GREAT EARTHQUAKE OF JAPAN』(共著)
  • 1898年『地震学』

訳書・伝記[編集]

  • 『ミルンの日本人種論──アイヌとコロポクグル』 吉岡郁夫・長谷部学共訳、雄山閣出版、1993年
  • 『明治日本を支えた英国人──地震学者ミルン伝』 レスリー・ハーバート=ガスタ、パトリック・ノット
宇佐美竜夫監訳、日本放送出版協会、1982年

ジョン・ミルンが登場するノンフィクション小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐原真「ヨーロッパと合衆国の考古学と初期の日本考古学」734頁(佐原真、ウェルナー・シェタインハウス監修、独立法人文化財研究所奈良文化財研究所編集『日本の考古学』学生社 2007年4月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • John Milne(東京大学創立120周年記念東京大学展)