ジョン・ミドルトン・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ミドルトン・マリーJohn Middleton Murry, 1889年8月6日 - 1957年3月12日)は英国作家

キャサリン・マンスフィールドの二度目の夫(1918年に結婚した)。生涯に四回結婚し、二度目の妻ヴィオレ・ル・メスター(Violet Le Maistre) との間にもうけた男の子、ジョン・ミドルトン・マリー・ジュニアはコリン・マリーリチャード・カウパーの筆名で作家になった。

作品[編集]

  • The Problems of Style (1922)
  • Keats and Shakespeare (1925)
  • Journals (1927)
  • The Letters of Katherine Mansfield (1928) (編集)
  • The Story of D. H. Lawrence (1931)
  • Between Two Worlds (1935) (自伝

邦訳[編集]

  • 『スタイルの中心問題』植田虎雄訳 研究社、1934
  • 『ドストイェフスキイ 作品と生涯』西村孝次訳 文学界社 1936 のち筑摩書房 
  • 『近代文学の意味 文学論集』山室静訳 改造文庫 1940
  • 『キリストの生涯』中橋一夫訳 実業之日本社 伝記文学選集 1941 のち「世界教養全集9」平凡社 
  • 『来るべき自由社会』第1部 深瀬基寛訳 世界文学社 1949
  • 『自由社会』第1,2部 深瀬基寛訳 社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1952-53
  • 『ドストエフスキイ』山室静訳 鎌倉書房 1953 のちあぽろん社、泰流社 
  • 『小説と詩の文体』両角克夫訳 ダヴィッド社 1957 現代小説作法
  • 『魂の創造 ミドルトン・マリ評論集』田中清太郎,窪田鎮夫訳 国文社 1972
  • 『文体の問題点 創作・批評・鑑賞のために』渡辺美智子訳 八潮出版社 1976
  • 『D.H.ロレンスの想い出 ジョン・ミドルトン・マリィ評論集』戸田仁編訳 西日本法規出版 1998