ジョン・ボルドウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ジョン・ボルドウィン
John BALDWIN
Figure skating pictogram.svg
John baldwin skater.jpg
2004年四大陸選手権での井上とボルドウィン
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: 1973年10月18日(41歳)
出生地: テキサス州ダラス
身長: 175 cm
元パートナー: 井上怜奈
トリスタン・コーレル
コーチ: ジェニー・メノー
トッド・サンド
元コーチ: ジル・ワトソン
ピーター・オペガード
パーシャ・グリシュク
振付師: パーシャ・グリシュク
元振付師: ピーター・オペガード
ジル・ワトソン
Philipp Mills,
所属クラブ: オール・イヤー FSC
引退: 2010年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 183.17 2006 世界選手権
ショートプログラム: 61.73 2007 四大陸選手権
フリースケーティング: 122.27 2006 世界選手権

ジョン・ボルドウィン・ジュニア英語: John Baldwin, Jr., 1973年10月18日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の男性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピックペアアメリカ代表。1990年世界ジュニアフィギュアスケート選手権男子シングル銅メダリスト。後に妻となる井上怜奈とペアを組み2004年・2006年全米選手権、2006年四大陸選手権優勝。

経歴[編集]

テキサス州ダラスで生まれ、2歳のころからスケートを始めた。

当初は男子シングル選手として活動し、1986-1987シーズンの全米選手権ノービスクラスで優勝して頭角を現す。1989-1990シーズンの世界ジュニアフィギュアスケート選手権男子シングルで銅メダルを獲得、翌1990-1991シーズンの全米選手権ジュニアクラスを制した。同シーズンからトリスタン・コーレルと組みペアも掛け持ちし、1991-1992シーズンの世界ジュニアフィギュアスケート選手権ではペアで9位となったが、ほどなくペアを解消し、1999-2000シーズンまで男子シングルの選手として活動。

2000-2001シーズンより日本から移籍した井上怜奈とペアを組む。翌シーズンには四大陸フィギュアスケート選手権に出場し、2002-2003シーズンからISUグランプリシリーズに参戦。翌2004年全米選手権で優勝を果たした。2005-2006シーズン、全米選手権で2度目の優勝を果たし、続く2006年四大陸フィギュアスケート選手権も制した。初出場のトリノオリンピックでは総合7位に終わった。

2007年3月の世界選手権の後にいったんアマチュア引退を発表したものの翌シーズン開始後に撤回、2008年全米選手権に出場する。競技ではショートプログラムとフリースケーティングともに2位、総合でも2位となったが、フリースケーティングの演技終了後、ボルドウィンはパートナーの井上怜奈に氷上でプロポーズをしたことが話題となった。

2010年1月、全米選手権で3位となりバンクーバーオリンピック代表に届かず、競技後井上とともに引退を宣言した。

2011年10月31日に妻・井上怜奈との間に女児が生まれる[1]現在はフィギュアスケートを辞めて父親と共に自動車販売業を行っている[2]

主な戦績[編集]

ペア[編集]

大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
冬季オリンピック 7
世界選手権 10 10 11 4 8 10
四大陸選手権 7 4 1 3 4 7
全米選手権 11 4 3 1 2 1 2 2 3 3
GPファイナル 6 4
GPNHK杯 4 4 2 3
GPエリック杯 4 2 4
GPスケートアメリカ 3 2 1 5
GPスケートカナダ 2
GP中国杯 5
GPロシア杯 5
GPボフロスト杯 5

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月15日-16日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 4
57.77
2
115.41
3
173.18
2009年11月6日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 4
52.52
3
106.26
3
158.78
2009年10月16日-17日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
55.06
3
103.30
4
158.36


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月4日-5日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 5
56.78
7
100.60
7
157.38
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権 (クリーブランド) 3
61.11
3
109.97
3
171.08
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯 (東京) 2
57.60
2
103.89
2
161.49
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 5
50.00
5
96.51
5
146.51


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 10
53.83
8
103.37
10
157.20
2008年2月11日-17日 2008年四大陸フィギュアスケート選手権高陽 3
57.40
4
98.60
4
156.00
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 2
65.24
2
117.93
2
183.17


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 6
59.50
8
104.47
8
163.97
2007年2月7日-10日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 3
61.73
3
113.75
3
175.48
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 1
62.73
2
115.42
2
178.15
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナルサンクトペテルブルク 3
59.18
5
107.65
4
166.83
2006年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
57.44
2
107.29
2
164.73
2006年11月2日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダビクトリア 3
55.20
2
111.12
2
166.32
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 1
59.28
2
110.62
1
169.90


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 6
60.90
3
122.27
4
183.17
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 6
61.27
7
113.74
7
175.01
2006年1月23日-29日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 1
57.51
1
111.38
1
168.89
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス 4
55.48
1
125.57
1
181.05
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 4
53.46
4
110.20
4
163.66
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ 3
54.84
2
109.60
2
164.44


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 12
54.98
10
100.66
11
155.64
2004年12月16日-19日 2004/2005 ISUグランプリファイナル北京 6
52.42
6
103.30
6
155.72
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 4
53.86
4
101.34
4
155.20
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ 4
56.52
3
101.58
3
158.10


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 9 10 10
2004年2月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 4 4 4
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 3
57.28
4
101.60
4
158.88
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 5
50.10
5
97.74
5
147.84


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 11 10 10
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 9 - 棄権
2002年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4 5 5
2002年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン 6 5 5

男子シングル[編集]

大会/年 1989-90 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00
全米選手権 13 9 11 13 12 13 15
世界Jr.選手権 3

詳細[編集]

1997-2000 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2000年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 14 13 15
1999年1月7日-14日 全米フィギュアスケート選手権ソルトレイクシティ 13 12 13
1998年1月4日-11日 全米フィギュアスケート選手権フィラデルフィア 8 13 12

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2009-2010 タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
作曲:ウォルター・タイエブ
演奏:ヴァネッサ・メイ
ピアノ協奏曲第1番
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
2008-2009 イルミネーション
曲:シークレット・ガーデン
ポンペイ
曲:E.S.ポスチュマス
2007-2008 Overture アルバム『Beethoven's Last Night』より
曲:トランスサイベリアンオーケストラ
2006-2007 The Soul of Spain ジャコモ・プッチーニセレクション
2005-2006 アルビノーニのアダージョ
作曲:レモ・ジャゾット
ドミートリイ・ショスタコーヴィチセレクション
2004-2005 火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
演奏:Salsoul
トランスサイベリアンオーケストラセレクション
2003-2004 Murder at the Cotton Club
by Erik Ekstrand Ensemble
Wonders of the New World
作曲:エルトン・ジョン
映画『パール・ハーバー』より
作曲:ハンス・ジマー
2002-2003 トランペットと管弦楽のためのカルメン幻想曲
演奏:ドク・セバリンセン、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
映画『未来世紀ブラジル』より
作曲:マイケル・ケイメン
演奏:ナショナル・フィルハーモニック管弦楽団
2001-2002 Millenium

脚注[編集]

  1. ^ http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?s=302f4558b190352ba8abfef4d41f2fef&t=83749&page=2
  2. ^ http://content.yudu.com/A1w4n5/SkatingMarch2012/resources/index.htm?referrerUrl=http:%2F%2Fwww.usfsa.org%2Fshell.asp%3Fsid%3D48007
[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]