ジョン・ボイド・ダンロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ボイド・ダンロップ
ジョン・ボイド・ダンロップ
生誕 1840年2月5日
ノース・エアシャー • ドレグホーン英語版
死没 1923年10月23日(満83歳没)
アイルランドの旗 アイルランド • ダブリン
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
出身校 エディンバラ獣医大学英語版
職業 ダンロップ・ラバー株式会社の経営
著名な実績 タイヤチューブ、バルブを発明。
影響を与えたもの タイヤの構造
受賞 自動車殿堂(2005年)
テンプレートを表示

ジョン・ボイド・ダンロップ(John Boyd Dunlop, 1840年2月5日 - 1921年10月23日)は、スコットランドの発明家。彼はダンロップ・ラバー株式会社を設立した。

ダンロップはノース・エアーシャーのドレグホーンで農家の息子として生まれた。彼はエディンバラ獣医大学(現在のエディンバラ大学の一部)を卒業し、10年近くの間をエディンバラで獣医師として働いた後、ベルファストに転居する。アイルランドへの馬車の旅は、木製および固形ゴムの車輪による不快なものであった。ダンロップは息子の三輪車で空気入りのチューブ式タイヤの実験を行った。1887年に彼は空気入りタイヤの特許を取得したが、同様の特許は1845年にもう一人のスコットランド人ロバート・ウィリアム・トムソン英語: Robert William Thomson)によって申請されていた。

彼は翌年、世界初の実用的な空気入りタイヤを開発した。彼の発明は交通輸送に大きな貢献を果たした。彼はダンロップ・ラバー株式会社を設立したが、トムソンとの法廷闘争を闘うこととなった。ダンロップは自らの発明からそれほどの利益を得ることはなかった。トムソンの1845年の発明にもかかわらず、ダンロップが現代のゴムタイヤ発明を賞賛されている(トムソンが発明者としている資料もあるが)。

ダンロップは1921年にダブリンで死去した。2005年、自動車殿堂入り。

北アイルランドポンド紙幣発行権を持つ銀行の一つ、ノーザン銀行英語版が発行する10ポンド紙幣に肖像が使用されている。

外部リンク[編集]