ジョン・ヘンリー・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ヘンリー・グレイ(もしくは単にジョン・グレイとも。John [Henry] Gray, 1866年3月2日1934年6月14日)はイギリス詩人。 "Silverpoints", "The Long Road", "Park: A Fantastic Story"などの作品を遺し、今日では、1890年代耽美主義を代表する詩人として知られている。またアーネスト・ドーソンオーブリー・ビアズリーオスカー・ワイルドらとも親交があり、ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』の主人公はジョン・グレイに霊感を得たのだと噂されたが、グレイ本人はこの作品と距離を置いていた。また翻訳家としても才能を発揮し、フランス象徴主義マラルメヴェルレーヌジュール・ラフォルグランボーらの作品を、(しばしば最初に)英語に訳した。

生涯[編集]

ロンドンの下町ベスナル・グリーンに生まれる。

1890年代後半に、同時代のイギリス人芸術家の多くと同じく、ローマ・カトリック改宗する。外務英連邦省を辞職し、聖職を目指してローマのスコットランド人神学校に学んだ後に、エジンバラの聖パトリック教会の司祭に、また聖ピーター教会の主任司祭に就任した。

グレイの最も重要な支援者は、生涯の伴侶であった詩人マルク=アンドレ・ラファロヴィチであった。ラファロヴィチは富裕な階層の出身で、同性愛の初期の擁護者でもあった。オスカー・ワイルドとの友情は最初は濃密であったが、ワイルドの入獄中の2年間に冷え切ってしまった。

残りの生涯も高踏的な詩を創り続けたが、後年の作品はもっぱら宗教的になり、しばしばキリスト教聖人を扱っている。1934年に短い闘病生活ののち、聖ラファエル養老院にて永眠した。

1988年にイギリスの学者でビクトリア朝文学の研究者、イアン・フレッチャーによって、詳細な註解のついた詩集が出版された。

デイジーチェーンソーのギタリスト、クリスピン・グレイは末裔に当たる。

参考資料[編集]

  • Fletcher, Ian (ed.). The Poems of John Gray. Greensboro, North Carolina: ELT Press, 1988. ISBN 0-944318-00-2
  • Sewell, Brocard. In The Dorian Mode (A Life of John Gray: 1866 – 1934). Padstow, Cornwall: Tabb House, 1983. ISBN 0-907018-18-1