ジョン・プラムナッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・プラムナッツ(John Petrov Plamenatz, 1912年5月16日 - 1975年2月19日)は、イギリスの政治学者、オックスフォード大学教授。政治理論、社会思想史が専門。

モンテネグロツェティニェ生まれ。フランスを経て、1919年イギリスに移住。オックスフォード大学オリオル・カレッジで学ぶ。1967年、アイザイア・バーリンの後任としてオックスフォード大学オール・ソウルズ・カレッジのチチェリ講座教授(Chichele Professor)に就任した。

著書[編集]

  • Consent, freedom and political obligation, Oxford University Press, 1938.
『政治理論とことば』、森本哲夫萬田悦生訳、昭和堂, 1988
  • The English utilitarians, B. Blackwell, 1949.
『イギリスの功利主義者たち――イギリス社会・政治・道徳思想史』、堀田彰泉谷周三郎石川裕之永松健生訳、福村出版, 1974
  • The revolutionary movement in France, 1815-71, Longmans, 1952.
『フランスの革命運動 1815-71』、高村忠成訳、北樹出版, 2004
  • From Marx to Stalin, Batchworth Press, 1953.
  • German Marxism and Russian communism, Longmans, 1954.
  • On alien rule and self-government, Longmans, 1960.
  • Man and society: a critical examination of some important social and political theories from Machiavelli to Marx, Longman, 1963.
『近代政治思想の再検討』、全5巻、藤原保信小笠原弘親白石正樹氷上信広広瀬順晧金子健一吉浜精一郎佐藤正志訳、早稲田大学出版部, 1975-1978
  • Readings from liberal writers: English and French, Barnes & Noble, 1965
  • Ideology, Pall Mall P, 1970.
『イデオロギー』、田中治男訳、福村出版, 1972
  • Democracy and illusion: an examination of certain aspects of modern democratic theory, Longman, 1973.
  • Karl Marx's philosophy of man, Clarendon Press, 1975.