ジョン・ブリシディース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ブリシディース(John Matthew Vlissides, 1961年8月2日 - 2005年11月24日)はソフトウェア科学者で、デザインパターンの本[1]を書いた(Gang of Four)の一人として知られている。ブリシディースはつつましく自分自身のことを「#4 of the Gang of Four」以外ないだろうと呼んでいた。

ブリシディースはバージニア大学スタンフォード大学電気工学を学んだ。1976年以降、ソフトウェアエンジニア、コンサルタント、リサーチアシスタント、としてスタンフォード大学で働いた。1991年からニューヨーク,ホーソーンのIBM T.J. Watson Research Centerに研究スタッフのメンバーとして滞在。

ブリシディースはいくつかの本、雑誌の記事とカンファレンスペーパーの執筆者でいくつかの特許を与えられている。オブジェクト指向の技術、デザインパターンとソフトウェアのモデリングに彼の仕事の全力を注いだ。

ブリシディースは脳腫瘍による合併症との長い闘病のあとに2005年の感謝祭の日の午前1:30に死去。

ウォード・カニンガムグラディ・ブーチはブリシディース未亡人であるドゥルーアンがブリシディースの逸話を求めていることをブログ[2]で伝え、ウィキに設置されたブリシディースのページ[3] への投稿を呼びかけた。それ以降、マーティン・ファウラーリチャード・ヘルムといったブリシディースの多くの友人と関係者を含めて、ブリシディースのページに一定の量の投稿が続いている。

参照[編集]

  1. ^ Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software
  2. ^ John Vlissides Sunday, November 27, 2005
  3. ^ John Vlissides

外部リンク[編集]