ジョン・フォーテスキュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・フォーテスキュー

ジョン・フォーテスキュー(Sir John Fortescue、1394年 - 1480年)は、イギリス法学者政治家。主著は『イングランド法の礼賛について』、『イングランド王国の統治について』、『自然法論』などがある。古き国制の思想を背景に、自然法についての思索を深め、イギリスの立憲政体の基礎となるコモン・ロー法の支配の発展に大きく寄与したとされている。「一人の人間を誤って死罪にするよりも、20人の犯罪人が死罪を免れるほうがましである」との言葉が有名。