ジョン・フェイン (第10代ウェストモーランド伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第10代ウェストモーランド伯爵
ジョン・フェイン
John Fane, 10th Earl of Westmorland
10thEarlOfWestmorland.jpg
10代ウェストモーランド伯(1790年頃)
生年月日 1759年6月1日
没年月日 1841年12月15日
死没地 イギリスの旗 イギリスイースト・サセックス州、ブライトン
出身校 ケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジ
所属政党 トーリー党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 (1) サラ・チャイルド
(2) ジェイン・ソーンダース

内閣 第1次小ピット内閣
任期 1789年10月24日 - 1794年
国王 ジョージ3世

内閣 第1次小ピット内閣
アディントン内閣
第2次小ピット内閣
任期 1798年2月14日 - 1806年2月5日
国王 ジョージ3世

内閣 第2次ポートランド内閣
パーシヴァル内閣
リヴァプール内閣
任期 1807年3月25日 - 1827年4月
国王 ジョージ3世ジョージ4世
テンプレートを表示

第10代ウェストモーランド伯爵ジョン・フェイン: John Fane, 10th Earl of Westmorland1759年6月1日 - 1841年12月15日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士、枢密顧問官。

父がウェストモーランド伯爵となった1771年から自身が襲爵する1774年まではLord Burghersh[訳語疑問点]儀礼称号で称された。

経歴[編集]

第9代ウェストモーランド伯爵ジョン・フェイン英語版の長男[1][2][3]ウェストミンスター・スクールチャーターハウス・スクールを経てケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジ英語版で学び、1778年に修士号を取得[4]。ケンブリッジでは、後にクロイン主教英語版となるウィリアム・ベネット英語版が彼のチューターを務めたほか、ウィリアム・ピット(小ピット)と知己を得て終生の友人となった[2][3]

1774年に父が死去し、第10代ウェストモーランド伯爵となる[1][5][3]貴族院ではトーリー党に所属。

1789年1月、首相を務めていた小ピットによって第2代ウォルシンガム男爵英語版トマス・ド・グレイ英語版とともに郵政大臣Postmaster General; ロイヤルメール総裁)[6]に任じられた。同年10月には更迭された初代バッキンガム侯爵英語版ジョージ・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル英語版の後任のアイルランド総督Lord Lieutenant of Ireland; アイルランド統監[7]となり、同時に枢密顧問官[7]に列せられた。彼はカトリック解放英語版に反対していたため、カトリック勢力との妥協を図る小ピットによって1794年に解任された[2]。なお総督在職中の1793年ガーター勲章[8]を授けられている。

1795年から1798年まで小ピットの下で主馬頭Master of the Horse[1][4][2][5][3]となり、1798年に王璽尚書[9]として入閣した。以後彼は、ホイッグ党の初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルが政権の座にあった1806年から1807年にかけての短い期間を除き、5人の首相ののべ6内閣(第1次小ピット内閣英語版アディントン内閣英語版第2次小ピット内閣英語版第2次ポートランド内閣[10]パーシヴァル内閣リヴァプール内閣)で30年近くにわたって王璽尚書を務めた[2][3]

1841年イースト・サセックスブライトンで死去し、ノーサンプトンシャーアペソープ英語版に葬られた[4]

家族[編集]

彼は生涯に二度結婚した。最初の妻は銀行家ロバート・チャイルドの一人娘であったサラ・アン・チャイルド英語版で、1782年5月20日スコットランドダンフリーズシャー英語版グレトナ・グリーン駆け落ち結婚した[1]。彼女はロバート・チャイルドの唯一の相続人で、後に遺産の大半は長女のサラ・ソフィア・フェイン英語版へ渡った[2]。サラとの間に以下の子供をもうけた。

サラと1793年11月9日に死別したのち、1800年3月24日に彼は医学博士リチャード・ハック=ソーンダースs:en版の娘であるジェイン・ソーンダースと結婚した[1][3]。ジェインとの間に以下の子供をもうけた。

  • レディ・シシリー・ジェイン・ジョージアナ・フェイン[11][12] (1801年 - 1875年)
  • オナラブル・チャールズ・ソーンダース・ジョン・フェイン[11][12] (1802年 - 1810年)
  • オナラブル・ヘンリー・サットン・フェイン[11][12] (1804年 - 1857年) - 庶民院議員、陸軍大佐
  • オナラブル・モンタギュー・ヴィリアーズ・フェイン[11][12] (1805年 - 1857年)
  • レディ・エヴリナ・フェイン[11] (1807年 - 1808年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “John Fane, 10th Earl of Westmorland” (英語). thepeerage.com. 2011年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f  Bayne, Ronald (1889). “FANE, JOHN, tenth Earl of Westmorland (1759-1841)”. In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 18. London: Smith, Elder & Co. p. 176.. http://www.archive.org/stream/dictionarynatio23stepgoog#page/n188/mode/2up 2011年2月22日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f PD-icon.svg “OBITUARY. - The Earl of Westmorland”. The Gentleman's Magazine (London: F. Jefferies) 17: 207-208. (Feb 1842). http://www.archive.org/stream/gentlemansmagaz112unkngoog#page/n204/mode/2up 2011年2月22日閲覧。. 
  4. ^ a b c Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “WESTMORLAND, JOHN (FANE), EARL OF.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  5. ^ a b PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “John Fane III.” (英語). The official baronage of England, showing the succession, dignities, and offices of every peer from 1066 to 1885. 3. London: Longmans. pp. 643-644. http://www.archive.org/stream/officialbaronag02doylgoog#page/n664/mode/2up 2011年2月22日閲覧。. 
  6. ^ London Gazette: no. 13130, p. 589, 1789年9月8日. 2011年2月22日閲覧。
  7. ^ a b London Gazette: no. 13140, p. 653, 1789年10月13日. 2011年2月22日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 13537, p. 490, 1793年6月11日. 2011年2月22日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 14091, p. 138, 1798年2月13日. 2011年2月22日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 16014, p. 393, 1807年3月28日. 2011年2月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “WESTMORELAND, EARL OF” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. pp. 1177-1179. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/1176/mode/2up 2011年2月22日閲覧。. 
  12. ^ a b c d e f g h i j PD-icon.svg Lodge, Edmund, Sir, ed (1832). “WESTMORELAND, EARL OF (FANE)” (英語). The peerage of the British empire as at present existing. London: Ibotson and Palmer. pp. 413-414. http://www.archive.org/stream/peeragebritishe00edmugoog#page/n450/mode/2up 2011年2月22日閲覧。. 

外部リンク[編集]

先代:
初代カートレット男爵
第2代ウォルシンガム男爵
郵政大臣
1789年
第2代ウォルシンガム男爵と共同
次代:
第2代ウォルシンガム男爵
第5代チェスターフィールド伯爵
先代:
初代バッキンガム侯爵
アイルランド総督
1789年 - 1794年
次代:
第4代フィッツウィリアム伯爵
先代:
第3代モントローズ公爵
主馬頭
1795年 - 1798年
次代:
第5代チェスターフィールド伯爵
先代:
第2代チャタム伯爵
王璽尚書
1798年 - 1806年
次代:
初代シドマス子爵
先代:
第3代ホランド男爵
王璽尚書
1807年 - 1827年
次代:
第4代ポートランド公爵
先代:
ジョン・フェイン
ウェストモーランド伯爵
1774年 - 1841年
次代:
ジョン・フェイン