ジョン・ファウルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ファウルズ
John Fowles
誕生 1926年3月31日
イングランドの旗 イングランドエセックス州リー・オン・シー
死没 2005年11月5日(満79歳没)
イングランドの旗 イングランドドーセットライム・レジス
職業 作家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
教育 学士
最終学歴 オクスフォード大学
代表作 コレクター
『魔術師』
『フランス軍中尉の女』
処女作 『コレクター』
配偶者 エリザベス(1番目)
サラ(2番目)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・ファウルズ(John Fowles、1926年3月31日2005年11月5日)は、イギリス小説家エッセイスト

生涯[編集]

ファウルズは、イギリスエセックス州にある町リー・オン・シーで、葉巻商人のロバート・J・ファウルズと、教師のグラディス・リチャードの子として生まれた。ベッドフォード校およびオクスフォード大学で、フランス語とドイツ語を学び、卒業後はフランス、ギリシアおよび英国で教師として働いた。

1963年に処女作である『コレクター』を上梓すると、教職を辞し、作家としてのキャリアを出発した。1968年には、ドーセットに移り住み、そこを舞台として『フランス軍中尉の女』を書き始めた。同年、「コレクター」よりも前に書いた長編小説『魔術師 (The Magus)』を脚色し直し映画化した。この作品はギリシアでの経験を元にしたものであったが、映画作品としては失敗した。

『フランス軍中尉の女 (The French Lieutenant's Woman)』は、1981年にイギリスの劇作家ハロルド・ピンター(2005年にノーベル文学賞受賞)により映画化され、アカデミー賞にもノミネートされた。なお最もよく知られているノンフィクション作品に、哲学考察を通し、アフォリズム形式で20世紀文明論として描いた『アリストス The Aristos』がある。

ファウルズは多数の批評家から、イギリス文学におけるポストモダニズムの父と捉えられている[1]。『タイムズ』紙は2008年に、1945年以降のもっとも重要な英国の作家50人の一人にファウルズの名を挙げている[2]

最初の妻エルザベスは1990年に死去した。晩年は長い闘病生活に入り、作家活動が困難であった。2005年11月にライム・レジスのアクスミンスター病院で2番目の妻サラに看取られながら息を引き取った。

作品[編集]

  • The Collector(1963) 「コレクター」 
     小笠原豊樹訳、白水社 1979年ほか、新版白水Uブックス(全2巻)、1984年。
  • The Aristos(1964) 「アリストス」 
     小笠原豊樹訳、パピルス、1992年
  • The Magus(1965) 「魔術師」 
     小笠原豊樹訳、河出書房新社(全2巻)、1972年、新版1979年、河出文庫(全2巻)、1991年
  • The French Lieutenant's Woman(1969) 「フランス軍中尉の女」 
     沢村潅訳、サンリオ、1982年 絶版
  • The Ebony Tower (1974) 「黒檀の塔」 
     北山克彦訳、サンリオ、1986年 絶版 
  • Daniel Martin(1977) 「ダニエル・マーチン」 
     沢村潅訳、サンリオ上下、1986年 絶版
  • The Tree(1979)
  • Mantissa(1982)
  • A Maggot(1985) 「マゴット」 
     植松みどり訳、国書刊行会<文学の冒険>、1997年
  • Wormholes - Essays and Occasional Writings (1998)
  • The Journals - Volume 1 (2003) 続刊あり

作家・作品論[編集]

  • 高桑美子 『ジョン・ファウルズを読む』 大阪教育図書、2008年
  • 板倉厳一郎 『魔術師の遍歴 ジョン・ファウルズを読む』 松柏社、2005年
  • 『ジョン・ファウルズの小説と映画 小説と映像の視点』 
     チャールズ・ガラード、江藤茂博監訳、中村真吾ほか共訳、松柏社、2002年

出典[編集]

  1. ^ Salami, Mahmoud (1992), John Fowles's Fiction and the Poetics of Postmodernism, Associated University Presses, ISBN 083863446x
  2. ^ The 50 greatest British writers since 1945. 5 January 2008. The Times. Retrieved on 2010-02-19.

外部リンク[編集]