ジョン・バック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・バック
John Buck
ロサンゼルス・エンゼルス #44
John Buck on April 1, 2013.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワイオミング州ケメラー
生年月日 1980年7月7日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
245 lb =約111.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1998年 ドラフト7巡目(全体212位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2004年6月25日 セントルイス・カージナルス
年俸 $6,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョナサン・リチャード・バックJohnathan Richard Buck, 1980年7月7日 - )は、アメリカ合衆国ワイオミング州ケメラー出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに所属。

経歴[編集]

アストロズ傘下時代[編集]

1998年MLBドラフト7巡目(全体212位)でヒューストン・アストロズから指名を受け、6月11日にプロ入り。マイナーリーグでは主に守備面で高い評価を得ていたが、2001年にはA級レキシントン・レジェンズで122試合に出場して打率.275・22本塁打・73打点と打撃面でも好成績を残し、注目される[2]

ロイヤルズ時代[編集]

2004年6月24日、アストロズがカルロス・ベルトランを獲得するため三角トレードを敢行し、バックはベルトランの交換相手としてカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍[3]。翌日のセントルイス・カージナルス戦に9番・捕手として先発出場しメジャーデビュー。3試合目の出場となった29日のボルチモア・オリオールズ戦で、シドニー・ポンソンから中前打を放ちメジャー初安打、またこの試合で初めてチームを勝利に導いた。この年は71試合の出場で12本塁打・盗塁阻止率31.8%を記録し、シーズン終了後の新人王投票で8位に。それ以来ロイヤルズの正捕手となったバックは、試合前のミーティングに出席する様子などから味方投手陣の高い信頼を得る[4]2007年には同じ捕手のジェイソン・ラルーがロイヤルズに加入してきたが、正捕手の座は譲らなかった。

2008年、ロイヤルズは今度はミゲル・オリーボを獲得し、前年のラルーに続きまた捕手を補強。同年もバックは正捕手として109試合に出場したが、本塁打は前年の18本から半減、また後半戦は打率.182と打撃不振に陥った[5]。オリーボが84試合の出場ながら12本塁打・22二塁打・盗塁阻止率42.4%という数字を残したこともあり、翌2009年、バックはレギュラーの座をオリーボに奪われることになる[6]。控え捕手となったこの年、オリーボが23本塁打を放つ一方で、バックの出場は59試合にとどまった。

シーズン終了後、ロイヤルズはオリーボとの契約を延長しなかったが、12月11日に捕手のジェイソン・ケンドールと2年600万ドルで契約[7]。翌日にノンテンダーFAとなった[8]

ブルージェイズ時代[編集]

2009年12月13日トロント・ブルージェイズと1年200万ドルの契約を結んだ[9]

2010年、バックは監督のシト・ガストンからアドバイスを受けたことがきっかけで積極的に打つようになり[10]、前半戦終了時点で71試合に出場して打率.272・13本塁打・OPS.808と打撃好調[11]。故障したビクター・マルティネスの代役という形ながらオールスター初選出も果たし[12]試合ではアダム・ウェインライトから二塁打を放った[13]8月4日にはファウルチップを右手親指に受けて故障者リスト入りしたが、同月20日には復帰。その後も打撃は失速せず、最終的に打率.281・20本塁打・66打点・OPS.802と自己最高の打撃成績を残した。シーズン終了後の11月1日にFAとなった。

マーリンズ時代[編集]

2010年11月17日フロリダ・マーリンズと総額1,800万ドルの3年契約に合意した[14]

メッツ時代[編集]

2012年11月19日ジョシュ・ジョンソンマーク・バーリーホセ・レイエスユネル・エスコバーら総勢11人が動く大型トレードでトロント・ブルージェイズに復帰した[15]。ところが、12月17日にはR・A・ディッキーと捕手2人とのトレードで、トラビス・ダーノーノア・シンダーガードウィルマー・ベセラと共にニューヨーク・メッツへ移籍した[16]

パイレーツ時代[編集]

2013年8月27日ディルソン・ヘレーラとのトレードでマーロン・バードと共にピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[17]10月31日にFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2014年1月14日シアトル・マリナーズと1年100万ドルで契約に合意したことが報道され[18]1月16日に球団が発表した[19]。開幕ロースター入りし、正捕手であるマイク・ズニーノのバックアップとして27試合に出場したが、7月7日DFAとなった[20]7月15日に放出された。

エンゼルス時代[編集]

2014年7月21日ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結んだ[21]9月2日にセプテンバーコールアップで昇格した。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 KC 71 258 238 36 56 9 0 12 101 30 1 1 4 1 15 0 0 79 6 .235 .280 .424 .704
2005 118 430 401 40 97 21 1 12 156 47 2 2 1 2 23 2 3 94 9 .242 .287 .389 .676
2006 114 409 371 37 91 21 1 11 147 50 0 2 4 1 26 2 7 84 8 .245 .306 .396 .702
2007 113 399 347 41 77 18 0 18 149 48 0 1 0 6 36 0 10 92 11 .222 .308 .429 .738
2008 109 418 370 48 83 23 1 9 135 48 0 3 0 4 38 2 6 96 12 .224 .304 .365 .669
2009 59 202 186 16 46 12 4 8 90 36 1 1 1 1 13 0 1 55 2 .247 .299 .484 .782
2010 TOR 118 437 409 53 115 25 0 20 200 66 0 0 0 6 16 1 6 111 6 .281 .314 .489 .802
2011 FLA
MIA
140 530 466 41 106 15 1 16 171 57 0 1 2 1 54 7 7 115 11 .227 .316 .367 .683
2012 106 398 343 29 66 15 1 12 119 41 0 0 1 2 49 5 3 103 8 .192 .297 .347 .644
2013 NYM 101 407 368 38 79 11 0 15 135 60 2 1 0 2 29 4 8 99 12 .215 .285 .367 .652
PIT 9 24 24 1 7 0 0 0 7 2 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .292 .292 .292 .583
'13計 110 431 392 39 86 11 0 15 142 62 2 1 0 2 29 4 8 104 13 .219 .285 .362 .648
通算:10年 1058 3912 3523 380 823 170 9 133 1410 485 6 12 13 26 299 23 51 933 85 .234 .301 .400 .701
  • 2013年度シーズン終了時
  • FLA(フロリダ・マーリンズ)は、2012年にMIA(マイアミ・マーリンズ)に球団名を変更

獲得タイトル・表彰[編集]

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ John Buck Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年11月2日閲覧。
  2. ^ Matt Santillo and Josh Goldfine, SportsTicker, "Astros 2002 prospect report," USATODAY.com, April 29, 2002. 2010年8月22日閲覧。
  3. ^ Royals trade Beltran to Astros”. MLB.com Royals Press Release (2004年6月24日). 2014年1月16日閲覧。
  4. ^ Bob Dutton, "Royals notebook: Pitchers performing better with Buck behind the plate," KansasCity.com, June 16, 2008. 2008年9月20日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ "John Buck 2008 Batting Splits," Baseball-Reference.com. 2010年8月22日閲覧。
  6. ^ Dick Kaegel / MLB.com, "Royals confident in Olivo's abilities / After sharing duties last year, catcher will be primary receiver in '09," royals.com, April 2, 2009. 2010年8月22日閲覧。
  7. ^ Dick Kaegel / MLB.com, "Royals ink free agent Kendall / Veteran in line to be starting backstop in Kansas City," MLB.com, November 11, 2009. 2010年8月22日閲覧。
  8. ^ Royals non-tender catcher John Buck and outfielder Josh Anderson”. MLB.com Royals Press Release (2009年12月12日). 2014年1月16日閲覧。
  9. ^ Blue Jays sign a pair”. MLB.com Blue Jays Press Release (2009年12月17日). 2014年1月16日閲覧。
  10. ^ Jordan Bastian / MLB.com, "Blue Jays give Gaston triumphant sendoff / Snider, Buck and Hill go deep in Rogers Centre finale," bluejays.com, September 30, 2010. 2011年3月31日閲覧。
  11. ^ "John Buck 2010 Batting Splits," Baseball-Reference.com. 2010年8月22日閲覧。
  12. ^ Jordan Bastian / MLB.com, "Wells, Bautista and Buck named All-Stars," MLB.com, July 4, 2010. 2010年8月22日閲覧。
  13. ^ "Jul 13, 2010, NL All-Stars at AL All-Stars Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年8月22日閲覧。
  14. ^ Marlins sign catcher John Buck to three-year contract”. MLB.com Marlins Press Release (2010年11月17日). 2014年1月16日閲覧。
  15. ^ Blue Jays complete deal with Marlins”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年11月19日). 2014年1月16日閲覧。
  16. ^ Mets acquire Travis d’Arnaud, Noah Syndergaard and Wuilmer Becerra from Toronto for R.A. Dickey, Josh Thole and Mike Nickeas”. MLB.com Mets Press Release (2012年12月17日). 2014年1月16日閲覧。
  17. ^ Pirates acquire Marlon Byrd and John Buck from the New York Mets”. MLB.com Pirates Press Release (2013年8月27日). 2014年1月16日閲覧。
  18. ^ Greg Johns (2014年1月14日). “Mariners agree to deal with veteran catcher Buck”. MLB.com. 2014年1月16日閲覧。
  19. ^ Mariners sign veteran catcher John Buck for 2014 season”. MLB.com Mariners Press Release (2014年1月16日). 2014年1月17日閲覧。
  20. ^ Adam Lewis (2014年7月8日). “Buck DFA'd; Mariners likely to call up Sucre”. MLB.com. 2014年7月8日閲覧。
  21. ^ Alden Gonzalez (2014年7月21日). “Catcher Buck signs Minor League deal with Halos”. MLB.com. 2014年7月22日閲覧。
  22. ^ Elias Sports Bureau, Inc., "Elias Says...," ESPN.com. 2010年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]