ジョン・ハービソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ハリス・ハービソンJohn Harris Harbison, 1938年12月20日 - )はアメリカ合衆国作曲家。オペラと大規模な合唱曲で知られる。

経歴[編集]

1954年に16歳で有名なBMI基金の学生作曲賞を受賞した。ハーバード大学、後にプリンストン大学で音楽を学び、ハーバード・グリークラブで歌った。彼はマサチューセッツ工科大学の正教授である。またウォルター・ピストンロジャー・セッションズの生徒だった。彼の作品はいくつかの交響曲、弦楽四重奏曲、ヴァイオリン、ヴィオラ、バス・ヴィオール(ダブルベース)のためのコンチェルトを含んでいる。

彼は1987年に「The Flight into Egypt」でピューリッツァー賞を受賞しており、2006年には「Mottetti di Montale」でグラミー賞の小アンサンブルパフォーマンスにノミネートされている。

メトロポリタン歌劇場は有名なマエストロであるジェイムズ・レヴァインの就任25周年記念のために『華麗なるギャツビー』を委嘱した。このオペラは1999年12月20日に、レヴァインの指揮でジェリー・ハドリードーン・アップショウスーザン・グラハムロレーヌ・ハント・リーバーソンマーク・ベイカードウェン・クロフトリチャード・ポール・フィンクのキャスティングで初演された。

ハービソンはキリスト教一致推進評議会諸宗教対話評議会より「ヨハネパウロ二世即位25周年を記念する和解のコンサート」のための作品を委嘱された。イベントはローマの主席ラビ(チーフラビ)であるラブ・エリオ・トフ、ローマのモスクのイマムであるアブドラワハブ・フセイン・ゴマー、教皇ヨハネ・パウロ二世の共同主催で行われた。金管楽器とアンティフィオナの合唱による六分間の構成のこの作品アブラハムは、2004年1月17日に、ピッツバーグ交響楽団のメンバー、メンデルスゾーン合唱団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団合唱団、クラクフ・フィルハーモニー合唱団アンカラ・フィルハーモニー合唱団のメンバーで、サー・ギルバート・レヴァインの指揮で世界初演された。

ハービソンはボストン・エマニュエル交響楽団の首席客演指揮者だった。ディレクターであるクレイグ・スミスの2007年の早すぎる死の後、ハービソンは芸術監督代理に任命された。

1990年に「芸術的信条」は何かと問われた際、「断片それぞれを他と異なるようにし、明確で新鮮な大きなデザインにし、伝統を再発見することだ。」と答えている。

彼はヴァイオリニストであるローズ・マリー・パダーソンと結婚している。

外部リンク[編集]

  • Papal Concert of Reconciliation 2004「ヨハネパウロ二世即位25周年を記念する和解のコンサート」の演奏やハービソンのインタビューが視聴可能