ジョン・ハートフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハートフィールドを描いた東ドイツの切手

ジョン・ハートフィールドJohn Heartfield, 1891年6月19日 - 1968年4月26日)は、ドイツベルリン写真家ダダイスト。本名ヘルムート・ヘルツフェルト(Helmut Herzfeld)。

1920年代に、ラウル・ハウスマンとともに、それぞれ独立して、フォトモンタージュを大成した。ハートフィールドの作品は、極めて精密なフォトモンタージュで、コラージュ風ではなく、合成された跡がわからないように仕上げられている。

そのフォトモンタージュのテーマは、ほとんどがナチス批判であり、特に、雑誌AIZの表紙を飾った作品群は、インパクトが極めて大きく、鮮やかな印象を残す。

参考文献[編集]

  • ジョン・ハートフィールド―フォトモンタージュとその時代/ヴィーラント・ヘルツフェルド著/針生一郎訳/水声社/2004年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]