ジョン・ダンロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ダンロップJohn L.Dunlop 1939年7月10日- )は、イギリスイングランドグロスターシャー)出身の競走馬調教師

来歴[編集]

1966年厩舎を開業。

1970年ブラックサテン(Black Satin)でアイリッシュ1000ギニーを制し、クラシック競走初勝利を挙げる。翌1971年からグループ制が導入され、GI初勝利は1977年9月24日ノースストーク(North Stoke)が勝ったジョーマクグラスメモリアルステークスであった。

1978年6月7日シャーリーハイツ(Shirley Heights)でダービーステークス初勝利。これがイギリスクラシック競走初勝利でもあった。同馬は7月1日アイリッシュダービーも制した。

1986年ミラノ大賞典シリウスシンボリを破ったトミーウェイ(Tommy Way)をジャパンカップに出走させ、管理馬の日本初出走を果たしたが、13着に敗れた。翌1987年のジャパンカップではセントレジャーステークスなどを勝ったムーンマッドネス(Moon Madness)を出走させ、同馬は2番人気に推されたが5着に敗れた。これが現在まで、管理馬の日本での最高着順である。

1995年、イギリス平地競走のリーディングトレーナーとなる。2002年には通算3000勝を達成した。

2人の息子、エドワードとハリーも調教師である。

主な勝鞍[編集]

イギリス[編集]

アイルランド[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]