ジョン・シュワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・シュワルツ(John Henry Schwarz, 1941年11月22日 - )は、アメリカ理論物理学者

弦理論の黎明期において理論の構築に貢献した。特に、1984年にマイケル・グリーンとともにタイプI超弦理論がアノマリーのない無矛盾な理論であることを示したことは、第1次ストリング革命のきっかけとなった。

カリフォルニア工科大学教授[1]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大栗先生の超弦理論入門」刊行記念メッセージ - YouTube

外部リンク[編集]