ジョン・ケネス・ガルブレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ケネス・ガルブレイス
制度派経済学
生誕 1908年10月15日
死没 2006年4月29日(満97歳没)
研究機関 (機関)ハーバード大学
プリンストン大学
母校 カリフォルニア大学バークレー校
影響を
受けた人物
ソースティン・ヴェブレン
影響を
与えた人物
ステファニー・グリフィス=ジョーンズ
ロバート・ハイルブローナー英語版
Lars Pålsson Syll
ポール・A・バラン
受賞 ロモノーソフ金メダル(1993)
テンプレートを表示

ジョン・ケネス・ガルブレイス(John Kenneth Galbraith、1908年10月15日 - 2006年4月29日 )は、カナダ出身の制度派経済学者である。ハーバード大学名誉教授。身長は2メートルを超え、偉大な業績とも相まって「経済学の巨人」と評された。

生涯[編集]

ガルブレイスはカナダオンタリオ州アイオナ・ステーション農家の子供として生まれ、ダットンにて育った。1931年オンタリオ農業大学(当時はトロント大学の系列校、現ゲルフ大学)にて学士取得、カリフォルニア大学バークレー校にて修士号(1933年)および博士号(1934年)を取得している。1937年には米国市民権を獲得した。

第二次世界大戦中、彼は物価局の副局長として戦時インフレ抑止に活躍、アメリカにおける「物価皇帝」price czarの異名をとった。終戦時彼は連合国戦略爆撃調査団の一員として調査を実行、戦略爆撃は戦争終結短期化に効果はなかったとの結論を導き出している。またドイツおよび日本の戦後統治に関するアドヴァイザーともなった。また彼は1943年から1948年にかけて「フォーチュン」誌の編集者を務め、1949年にはハーヴァード大学経済学教授に就任した。

ジョン・F・ケネディ大統領とは友人であり、同大統領の任命により1961年から1963年にかけて米国の駐インド大使として赴任、同地でインド政府の経済開発の支援を試みる。1972年にはアメリカ経済学会の会長を務め、また1997年にはカナダ勲章(Officers of the Order of Canada)を受勲している。

私生活面では、彼はキャサリーン・アトウォーターと結婚、マサチューセッツ州ケンブリッジに居住し、夏季の別荘をヴァーモント州ニューフェインに所有している。4人の息子をもうけたが、うち一人は早世、ジェームズ・K・ガルブレイスは父同様に有名な経済学者となりテキサス大学オースティン校教授を務めており、ピーター・W・ガルブレイスはアメリカの外交官・外交評論家としてバルカン半島諸国や中東関係に造詣が深い。

2006年4月29日、老衰のため米マサチューセッツ州の病院で死去。ガーディアン紙によれば死因は肺炎の合併症による可能性がある。彼はフランクリン・ルーズベルトのアドヴァイザーとしては現存する最後のひとりであった。元大統領ビル・クリントンのコメントなどから、彼の健康状態がかなり悪化しているのではないかとする懸念が生じていた。97歳。

業績[編集]

20世紀においてその著作が最も読まれた経済学者といっても過言ではない。終身教授であったハーバード大学において教鞭をとった1934年から1975年にかけて50作以上の著書、1000を超える論文を著し、またルーズベルトトルーマンケネディジョンソンの各政権に仕えた。1961年にケネディ大統領はガルブレイスを駐インド大使に任命し、彼は1963年までその任にあった。ロバート・ラヴェットいわく当時の財界はガルブレイスを一流の”小説家”と見なしていた。

アメリカ経済学会の会長を務めたこともあったガルブレイスであるが、その主張は主流派(古典派的)経済学者からは偶像破壊主義者的に見做されることも多い。その理由としてはガルブレイスが経済学の数学的なモデリングを忌避し、平易な記述の政治経済学を指向していることが挙げられる。またさらに進んで、彼の論理が確固とした実証研究に基づいていないと批判する経済学者も少なくない。彼は進歩主義的価値を重視する古典的な意味でのケインジアンであり、文筆の才にも恵まれている。彼の著作には、経済学上のトピックを扱った数多くの通俗的な著書(うち数冊は1950年代、60年代のベストセラーとなった)が含まれ、その中で彼は経済学上の理論が必ずしも実生活とうまく調和しないことを説いている。

2004年に出版され、高い評価を得た彼の伝記"John Kenneth Galbraith: His Life, His Politics, His Economics"は、彼の経歴と思想に関する新たな関心を呼び起こした。

著作[編集]

ガルブレイスの著作は多くの経済学者にとって批判的議論の対象となっているといわれる。特に古典的自由主義の立場をとる者、あるいはオーストリア学派の流れを汲む者はガルブレイスの主張に反対し、その研究の正確性に疑問を提起している。

1952年に刊行された『アメリカの資本主義(邦題)』においてガルブレイスは、将来のアメリカ経済が三頭政治的、すなわち大企業、大規模労働組合および政府による支配を受けるであろうことを、大恐慌以前には大企業のみが経済に対する支配力を持っていたことと対比して論じている。

1958年に著された彼の最も有名なベストセラー『ゆたかな社会(邦題)』では、アメリカ経済が成功に向かうためには大規模な公共事業、例えば高速道路教育といった分野への投資が必要になるであろうとの彼の考えを述べている。また生産者側の宣伝によって消費者の本来意識されない欲望がかき立てられるとする依存効果(dependence effect)を説き、また彼は、それまで疑われることのなかった前提、すなわち物質生産の持続的増大が経済的・社会的健全性の証である、とする考えに対して疑問を投げかけている。この立場から彼はしばしば、最初の脱物質主義者の一人と考えられている。この著作は(ガルブレイスのケネディ大統領への影響力からみて)ケネディ、ジョンソン両政権で実施された公共投資政策、いわゆる「貧困との戦い」に大きく貢献したと考えられている。

尚、同著書は大きな論争の的となり、リバータリアニズムの立場からは、アイン・ランドがこの著を評して「ガルブレイスが主張しているのは、中世の封建主義に過ぎない」と述べ、マレー・ロスバードが「(『ゆたかな社会』は)錯誤、ドグマ的前提、昔ながらのレトリック技法に満ち溢れ、そこには筋道立った議論は存在しない」と批評した。

1967年の『新しい産業国家』で彼は、アメリカにおいて完全競争の仮定に当てはまるような産業は実際には殆ど存在しないことを述べている。ガルブレイス自身は『ゆたかな社会』・『新しい産業国家』・『経済学と公共目的』を三部作と呼んでおり、ガルブレイス自身は『ゆたかな社会』および『新しい産業国家』を自己の最良の著作と考えている。

1977年の"The Age of Uncertainty"は英国では13回のBBCテレビドキュメンタリーになった。また邦訳の『不確実性の時代』は日本で1978年のベストセラーになった。『不確実性の時代』に対するマネタリストの反発は強く、特にミルトン・フリードマンの反論は激しかった。フリードマンはテレビ番組『選択の自由』を作成し、その著作もベストセラーとなった。フリードマンの『選択の自由』で示された政策は新保守主義の経済政策の支柱であり、英国のサッチャー政権や米国のレーガン政権において実施され、日本でも中曽根政権から小泉政権での「聖域なき構造改革」にいたる政策で実施された。『選択の自由』は影響力の点では一時的には『不確実性の時代』を凌ぐものとなったが、サブプライムローン問題に端を発する2008年の世界同時株安によってその評価は急落した。2008年ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマンは、ネオケインジアンの立場から、「変動為替相場では、投機家の思惑が自己成就的な相場の変動を作り出し、変動為替相場が本質的に不安定である」ことを示し論争に終止符を打った。

1990年の『バブルの物語――暴落の前に天才がいる(邦題)』においては、ガルブレイスは数世紀にわたる金融バブルの状況を追い、その全てに共通する原理はレバレッジであるとした上、「来たるべき偉大な」と称される類の過大な期待は、多くの場合、非合理的要因による錯覚に過ぎず、とりわけバブルの絶頂においては懐疑に対する排斥が激しくなるとの警鐘を鳴らしている。自身の体験としてもブラック・マンデーの崩壊を予測して批判を受けた経緯が語られている。ただしケインジアンであるクルーグマンが指摘したように、従来、経済学者の多くは景気後退に際して金融緩和を行うと利子率が低下することで民間投資や消費が増加すると考えられていたが、利子率を下げ続けて一定水準以下になると流動性の罠が発生し、マネーサプライをいくら増やしても、民間投資や消費に火がつかないため、通常の金融政策は効力を喪失する。この問題についてはフリードマンや同じくシカゴ学派である竹中平蔵サプライサイド経済学の観点から説明することは出来ず、日本の「失われた10年」を招いたが、ガルブレイスもまた見逃している。

ノーベル経済学賞について[編集]

経済学者のトーマス・カリアーは「偏見の強いノーベル賞選考委員会は、知名度・人気も抜群の20世紀の経済学者をもう一人(一人はジョーン・ロビンソン)、賞の対象から外してしまった。20世紀を代表する経済学者の一人ガルブレイスである。リベラル過ぎる、数学的でないなど理由はどうであれ、巨匠ガルブレイスの名が無いことは、受賞者名簿の不備を際立たせる一例である」と指摘している[1]

日本語訳著書[編集]

  • 『大恐慌――その教えるもの』(経済往来社, 1958年)/『大恐慌――1929年は再びくるか』(徳間書店, 1971年/新訳, 1988年)/『大暴落1929』(日経BPクラシックス, 2008年)
  • 『ゆたかな社会』(岩波書店, 1960年/決定版, 岩波現代文庫, 2006年)
  • 『経済開発の展望』(ダイヤモンド社, 1962年)
  • 『新しい産業国家』(河出書房新社, 1968年/講談社[講談社文庫], 1984年)
  • 『軍産体制論――いかにして軍部を抑えるか』(小川出版, 1970年)
  • 『アメリカの保守と革新――民主党はよみがえるか』(ぺりかん社, 1971年)
  • 『経済学・平和・人物論』(河出書房新社, 1972年)
  • 『中国を考える――ガルブレイス訪中記』(番町書房, 1973年)
  • 『大使の日記――ケネディ時代に関する私的記録』(河出書房新社, 1973年)
  • 『経済学と公共目的』(河出書房新社, 1975年)
  • 『マネー――その歴史と展開』(TBSブリタニカ, 1976年)
  • 『不確実性の時代』(TBSブリタニカ, 1978年/講談社[講談社文庫], 1983年/講談社学術文庫、2009年)
  • 『繁栄の危機――対訳』(TBSブリタニカ, 1979年)
  • 『経済学の歴史――いま時代と思想を見直す』(ダイヤモンド社, 1988年)
  • 『バブルの物語――暴落の前に天才がいる』(ダイヤモンド社, 1991年)
  • 『よい世の中』(日本能率協会マネジメントセンター, 1998年)
  • 『20世紀を創った人たち――ガルブレイス回顧録』(TBSブリタニカ, 1999年)
  • 『ガルブレイスのケネディを支えた手紙』(TBSブリタニカ, 1999年)
  • 『おもいやりの経済』(たちばな出版,1999年)
  • 『日本経済への最後の警告』(徳間書店, 2002年)
  • 『悪意なき欺瞞――誰も語らなかった経済の真相』(ダイヤモンド社, 2004年)
  • 私の履歴書』(日本経済新聞に連載, 2004年)/単行本化『ガルブレイスわが人生を語る』(日本経済新聞社, 2004年)
  • 『人間主義の大世紀を わが人生を飾れ』共著:池田大作潮出版社,2005年)

伝記[編集]

  • 『ガルブレイス――闘う経済学者 (上)』リチャード・パーカー著(日経BP社, 2005年)
  • 『ガルブレイス――闘う経済学者 (中)』リチャード・パーカー著(日経BP社, 2005年)
  • 『ガルブレイス――闘う経済学者 (下)』リチャード・パーカー著(日経BP社, 2005年)
  • "John Kenneth Galbraith: His Life, His Politics, His Economics" Richard Parker (2004)

脚注[編集]

  1. ^ トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈上〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、24-25頁。

外部リンク[編集]