ジョン・グリーンウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・キャンベル・グリーンウェイ
John Campbell Greenway
アメリカ合衆国議会議事堂国立彫像ホール・コレクションに収められているジョン・キャンベル・グリーンウェイの銅像
ガットスン・ボーグラム制作
生誕 1872年7月6日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ アラバマ州ハンツビル
死没 1926年1月19日(満53歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ニューヨーク州ニューヨーク
テンプレートを表示

ジョン・キャンベル・グリーンウェイ(英:John Campbell Greenway、1872年7月6日-1926年1月19日)は、アメリカ合衆国の鉱山、鉄鋼および鉄道会社の経営者であり、合衆国内の多くの州で多くの事業を行った。軍人としては騎兵と歩兵として目立った功績を残した。

伝記[編集]

グリーンウェイはアラバマ州ハンツビルで生まれ、フィリップス・アカデミー、アンドーバー、さらにバージニア大学で学び、最終的に1895年イェール大学のシェフィールド科学学校を卒業した。最初はカーネギー鉄鋼会社の製鉄炉操作者として勤めたが短期間に終わり、米西戦争セオドア・ルーズベルトラフ・ライダーズに参加した。サン・フアン・ヒルの戦いでのその勇敢な行動で銀星章を獲得した後、ルーズベルト大佐から大尉への名誉昇進を推薦された。

1899年から、グリーンウェイはアリゾナ州全体にある多くの鉱山、製鉄および鉄道会社の経営的役職に就いた。ターボ木材洗浄機を発明し、アリゾナ州アホの町を建設した。アメリカ合衆国が第一次世界大戦に参戦する前の1年間はアリゾナ大学の理事を務めた。

第一次世界大戦の間は戦闘中の英雄的な行動で特に称賛され、カンブレーの戦いでの勇敢さを表彰された。フランスはクロワ・ド・ゲール(戦争勲章)、レジオンドヌール勲章およびクロワ・ド・レトワール(星章)をグリーンウェイに授章した。アメリカ陸軍殊勲十字章も受けた。

1919年グリーンウェイは歩兵大佐となり、3年後には准将に昇進した。

ジョン・グリーンウェイは1926年ニューヨーク市で死ぬまで実業界での活動を続けた。

1930年、アリゾナ州はアメリカ合衆国議会議事堂国立彫像ホール・コレクションにグリーンウェイの銅像を寄贈した。グリーンウェイの高祖父であるエフライム・マクドウェル博士の銅像も1929年にケンタッキー州から国立彫像ホール・コレクションに収められた。

アリゾナ州フェニックスの主要大通りや、同じくフェニックスの高校はグリーンウェイの栄誉を称えてその名前を付けられた。

参考文献[編集]