ジョン・オ・グローツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯58度38分 西経3度04分 / 北緯58.64度 西経3.07度 / 58.64; -3.07

ジョン・オ・グローツ
英語: John o' Groats
スコットランド・ゲール語: Taigh Iain Ghròt
John o' Groats.JPG
ジョン・オ・グローツ・ハウス
ジョン・オ・グローツの位置(ハイランド内)
ジョン・オ・グローツ
ジョン・オ・グローツ

 ハイランドカウンシルエリアにおけるジョン・オ・グローツの位置
人口 300人 
英式座標 ND380734
カウンシル
エリア
ハイランド
レフテナンシー
エリア
ケースネス
構成国 スコットランドの旗 スコットランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 ウィック
郵便番号 KW1
市外局番 01955
警察 ノーザン
消防 ハイランズ・アンド・アイランズ
救急医療 スコットランド
欧州議会 スコットランド
イギリス議会 ケースネス、サザーランドおよびイースター・ロス
スコットランド議会 ケースネス、サザーランドおよびイースター・ロス
都市一覧: イギリス • スコットランド •

ジョン・オ・グローツ: John o' Groats[1])は、スコットランドハイランド地方にある村。スコットランド・ゲール語ではタイ・イアン・フロートゥ(Taigh Iain Ghròt)と呼ばれる。 グレートブリテン島で最も北に位置する村ということから、観光客に人気がある。近くには同島最北端のダン岬が控える。

地名[編集]

町の名は1496年、スコットランド王ジェームズ4世からオークニー諸島へ向かう舟を賜ったヤン・デ・グロート(Jan de Groot)というオランダ人からとられた。o'は小文字であることやo'とGの間のスペースに注意。小文字のo'は「of」を表し、オニールオマリーなどアイルランドの姓の頭にみられるO'とは異なる。ジョン・オ・グローツの出の人は「グローツァーズ」(Groatsers)と呼ばれる。

ジョン・オ・グローツはイングランド南西端のランズ・エンド岬との間がグレートブリテン島で最も長い旅路となるため、自転車、徒歩、あるいは慈善行事の出発地点や到着地点として馴染まれている。イギリスでランズ・エンド・トゥ・ジョン・オ・グローツ(Land's End to John o' Groats、LEJOG)と云うと「究極の旅路」や「かなりの距離」(アメリカで云うところのコースト・トゥ・コースト)という意味になる。

人口[編集]

近年、ジョン・オ・グローツの人口は300のプラスマイナス10人の間で推移している[2]。いわゆる散居村だが、小さな中心街には公営住宅、運動公園、店舗などがあり、最寄りのウィックという町から延びる幹線道路が通じている。

観光[編集]

毎年、ジョン・オ・グローツには世界各地から多くの観光客が訪れるが、必ずしも良い評価ばかりと限らず、人気ガイドブック『ロンリープラネット』は2005年、村を「さえない旅人のワナ」と評している[3]

道しるべ[編集]

ジョン・オ・グローツには「旅路の果て」と書かれた道しるべがランズ・エンドと同じペンザンスの写真会社によって置かれ、有料で写真を撮らせている。道しるべは写真ブースが閉まる夕方に片付けられるため、夜遅くや朝早くに着いた旅人はお目当ての道しるべがないことに失望を覚える。無料のプラスチック製道しるべは港のそばの土産店の横の壁にある。

スポーツ[編集]

ジョン・オ・グローツにはジョン・オ・グローツFCとカニスベイ・ジュニアの二つのサッカークラブがある。ジョン・オ・グローツFCはアマチュアのサッカークラブで、ケースネスアマチュアサッカー一部でプレイしている。グレートブリテン島最北のサッカークラブとされる。カニスベイ・ジュニアはジョン・オ・グローツFCの少年団で、カースネス青少年育成リーグでプレイしている。

ホテル[編集]

1875年、ヤン・デ・クロート・ハウスの跡地にジョン・オ・グローツ・ハウス・ホテルが建てられた。単なる一旅館や大衆バーでしかないにも関わらず、ハイランド地方および島嶼部選出のスコットランド議会議員、ローダ・グラント(労働党)は「イギリスで最も有名なランドマークのひとつ」と評した[4]。廃業した現在ではすっかり荒廃しているが、数年のうちに修築する計画が持ち上がっている。

「ジョン・オ・グローツ・ハウスは古めかしい家で、現在のホテルの正面にあり、旗ざおが目印だったと考えられている。その名は1489年あたりにこの地に居を構えたオランダ出身の「グロートのジョン」に由来する。建物は八角形をしており、8つの部屋を束ねる一室は家族が8人いるということを如実に示している。揉め事を防ぐため、テーブルには席順が決められている。各々が勝手に八角形のテーブルに座るため、束ねる者はいない」 - ハイドン年代辞書(1876年)408項 ベンジャミン・ヴィンセント著

脚注[編集]

  1. ^ Also: John o'Groats, John O' Groats, John O'Groats.
  2. ^ John o' Groats tourist information, 29 October 2007
  3. ^ "Northern outpost dubbed 'seedy'", BBC News
  4. ^ Community buyout could save landmark hotel, John O'Groat Journal and Caithness Courier

外部リンク[編集]