ジョン・オルドリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・オルドリッジ Football pictogram.svg
John Aldridge.JPG
名前
本名 ジョン・ウィリアム・オルドリッジ
愛称 Aldo
ラテン文字 John William Aldridge
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 1958年9月18日(55歳)
出身地 イングランドの旗 リヴァプール
身長 181cm
選手情報
ポジション FW (CF)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979–1984
1984–1987
1987-1989
1989-1991
1991–1998
ウェールズの旗 ニューポート
イングランドの旗 オックスフォード
イングランドの旗 リヴァプールFC
スペインの旗 レアル・ソシエダ
イングランドの旗 トレンメア
170 0(70)
114 0(72)
83 0(50)
63 0(33)
243 (138)
代表歴2
1986–1996 アイルランドの旗 アイルランド 69 0(19)
監督歴
1996–2001 イングランドの旗 トレンメア
1. 国内リーグ戦に限る。2012年4月4日現在。
2. 2012年4月4日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジョン・ウィリアム・オルドリッジJohn William Aldridge, 1958年9月18日 - )は、イングランドリヴァプール出身の元アイルランド代表の元サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

ニューポート[編集]

オルドリッジは、トップディヴィジョンに到達するまでとても時間がかかった。1970年代にノンリーグのサウス・リヴァプールでキャリアを開始。1979年5月2日、20歳の時に3500ポンドで4部のウェールズから越境参加しているニューポート・カウンティAFCと契約した。

ここでは、FAカップでの12試合7得点を含む通算198試合87得点と、2¼試合ごとに毎回ゴールを決める高い得点率を記録すると、存在が知られるようになっていった。ニューポートに在籍した4年の間に、トミー・タイナン英語版デイヴ・グウィザー英語版とコンビを組み、3部への昇格とUEFAカップウィナーズカップウェルシュカップ優勝により参加)準々決勝進出に貢献した。

ニューポートへ来た最初の1979-80シーズンは、リーグ戦では38試合14得点と大活躍で3部への昇格とウェルシュカップのタイトルを獲得。一年後のリーグ戦では、27試合7得点と印象的な活躍は少なかったが、ヨーロッパの舞台では非常に活躍した。1981-82年は36試合11ゴールと前年より少し活躍をし、1982-83年は41試合17ゴールとさらに良くなったが、2部への昇格をあと一歩のところで逃した。

1983-84年にコンビを組んでいたタイナンが去ったものの、オルドリッジは2月の終わりまでの間に26ゴールを記録し、3部では非常に稀有な存在だった。

オックスフォード[編集]

1984年3月21日に、同じディヴィジョンのオックスフォード・ユナイテッドFCへ78000ポンドで移籍した。[1]4月7日のウォルソールFC戦で途中出場し1-0で勝利すると、20日のボルトン・ワンダラーズFC戦では、ボームで初ゴールを決め5-0と大勝した。

移籍初年度には3部優勝のタイトルを獲得したものの、オルドリッジ個人は控えめに起用されていた。しかし、次のシーズンになるとビリー・ハミルトン英語版と素晴らしいコンビを築くと、30得点ものゴールを挙げ得点王を獲得。通算では、34得点とクラブのレコード記録を更新する活躍で優勝し、1部昇格に貢献した。

1部に昇格すると、1年目にしてリーグではランク3位となる得点を記録。リーグカップでは6得点し、オックスフォード初にして唯一となる主要タイトルを獲得。クラブの絶頂期を過ごした。翌年もオルドリッジは印象的な活躍をした。クラブは降格の危機にあったが、オルドリッジの39試合23得点の活躍で何とか回避した。

1984年から1986の在籍中に、カップ戦の17試合14得点を含む通算141試合90得点[1]と、1½試合ごとに毎回ゴールを決める高い得点率を叩き出す前例のない活躍はファンに長く記憶されるものとなる。1984年11月24日のリーズ・ユナイテッドAFC戦では、初となるハットトリックを達成。1986年9月24日、リーグカップのジリンガムFC戦では4ゴールを記録した。また、1986年11月8日のマンチェスター・ユナイテッド戦、のちに長期政権を築くアレックス・ファーガソン監督の初試合では、得点を決め2-1で勝利した。

リヴァプール[編集]

1986-1987シーズンの終了後、エースストライカーのイアン・ラッシュユヴェントスFCへ失うことになるリヴァプールFCは、実績と経験のある選手を探していた。チェルシーFCデヴィッド・スピーディー英語版アーセナルFCチャーリー・ニコラス英語版など[2]と共に、外見的にも似通っていたオルドリッジが候補の一人に挙げられた。1987年1月27日にケニー・ダルグリッシュが監督するリヴァプールへ移籍金75万ポンドで加入、ラッシュのパートナーとしてプレーすることになる。(以前は、選手兼監督のダルグリッシュとポール・ウォルシュ英語版が務めていた役割を埋めることになる)この時点でオルドリッジは、オックスフォードで25試合15得点を記録していた。

この年はリーグカップ決勝へ進出するも、オルドリッジは試合に出ることはなく、チームもアーセナルに敗北した。

1987年2月21日のアストン・ヴィラFC戦でクレイグ・ジョンストン英語版と交代し46分から出場、チームデビューを果たすと、この1週間後の28日に、サウサンプトンFC戦で60分に移籍後初ゴールを挙げ、1-0の勝利に貢献した。[3]

ラッシュが去った後、オルドリッジは、新たにやってきたピーター・ベアズリージョン・バーンズと共にクラブ史の中でも最もエキサイティングな攻撃陣を形成。最初の9試合で連続ゴールを達成すると、最終的にリーグ戦10試合連続ゴールとクラブの連続ゴール記録を塗り替えると、[4]最終的にリーグ戦で計26ゴールを決め見事得点王になり、ラッシュの後釜に相応しいことを証明した。チームとしては、クラブ最長タイ記録となるリーグ戦29試合連続無敗を達成。2位のマンチェスター・ユナイテッドに9ポイントもの差をつけてリーグタイトルを獲得する等、リヴァプールで素晴らしいシーズンを過ごした。また、このシーズンにダルグリッシュ監督は、イアン・ラッシュが着用していた背番号9では、プレッシャーがかかるだろうと思い背番号8を割り当てた。なお、この背番号9のシャツは偶然にもオックスフォードでチームメイトだったWGのレイ・ホートンへと渡った。(しかし、この背番号8はリヴァプールの伝説でオルドリッジのヒーローであるロジャー・ハントが着用していたものだった。)

FAカップノッティンガム・フォレストFCとの準決勝では、卓越したチームの動きから記憶に残るボレーを含む2ゴールを挙げる活躍を見せた。決勝ウェンブリー・スタジアムでのウィンブルドンFC戦、0-1で1点のビハインドを追いかけている中で後半途中にオルドリッジがファールを受けPKを獲得した。オルドリッジはリヴァプールへ移籍してからPKを外したことがなかったが、ウィンブルドンのGKデイヴ・ビーサント英語版は、オルトリッジがこの試合で左に蹴ることを予想。予想通りこのPKは左に蹴られ、ビーサントはウェンブリーで行われるFAカップ決勝戦で初めてPKを止めた選手となった。[5]オルドリッジは、この失敗後に間もなく交代し、チームもそのまま追いつけず0-1と敗北。リーグでは圧倒的な強さを誇ったものの、FAカップとの二冠達成はならず、シーズン最後の試合は悲嘆に暮れることとなった。

翌シーズンは、オルドリッジにとってタフで波乱に富んだものとなった。ラッシュがイタリアの水に馴染めず失敗したことから、リヴァプールが連れ戻したのだった。このことで、オルドリッジが余剰戦力になると憶測されたが、ダルグリッシュ監督は、コンビを組むにはプレースタイルがあまりにも似通っていたにもかかわらず、2人を同時にレギュラーとしてプレーさせることで反証した。このシステムは、オルドリッジにとって楽しいものとなったが、ラッシュにとっては、慣れ親しんだクラブで再び力を示すのに苦労したものとなった。ウェンブリーで行われたウィンブルドンFCとのチャリティ・シールドの試合では、オルドリッジはスタメンで出場すると、2ゴールを挙げ2-1と勝利し、FAカップでのあの悪夢からようやく開放された。この後も得点し続けていくが、コンビを組むラッシュは、内容の悪さからしばしばベンチを温める機会があった。チャリティ・シールドの1週間後の初リーグ戦では、アウェーのチャールトン・アスレティックFC戦でハットトリックを記録し、3-0で勝利した。[6]3月14日のルートン・タウンFC戦で再びハットトリックを達成し、ホームで5-0と大勝。この時点で計15ゴールを記録した。5月13日に2-1と勝利したウィンブルドンFC戦では、ついに20ゴールの大台に達した。最終的にリーグ戦で22ゴールをし、クラブ内得点王になった。また、FAカップで8ゴール, リーグカップで2ゴール, そしてチャリティ・シールドで2ゴールと全コンペティションで計34ゴールを記録した。[6]

1989年4月15日のFAカップ準々決勝、テラスと呼ばれるゴール裏の立ち見席で、リヴァプールサポーターが押しつぶされ94人もの死者を出した(最終的には96人)、所謂ヒルズボロの悲劇が起こった。[7]地元リヴァプール生まれで少年時代クラブのサポーターだったオルドリッジは、この惨事にひどく傷つき、公に試合を欠場する考えで出来る限り全ての葬儀に出席した。最終的にオルドリッジは試合に戻り、代替スタジアムのオールド・トラフォードで行われたノッティンガム・フォレストFCとの準決勝の再試合に臨むと、で2ゴールを挙げ3-1で勝利した。リヴァプールの3点目となった相手DFブライアン・ローズのオウンゴールに対して、オルドリッジは取り乱す相手選手の髪を笑いながらクシャクシャに撫でて祝った。この行為に批判がされ物議を醸した。[8]

エヴァートンFCとのマージーサイド・ダービーとなったFAカップ決勝では、試合開始わずか4分後にファーストタッチでゴールを決めた。決勝戦でゴールを決めたことにより、前年のPK失敗に対して名誉を挽回した。皮肉なことに、オルドリッジがラッシュと交代した後にラッシュの2得点で勝利を確実なものとし、最終的に3-2でリヴァプールが優勝した。このシーズンはリーグ戦で21得点、全コンペティションで計31得点を記録した。

リーグ優勝とFAカップ優勝の"二冠"は、1986年に達成するも、1988年はウィンブルドンFCに阻まれた。最終節にホームのアンフィールドで行われたアーセナルFCとの直接対決で再び二冠のチャンスが訪れた。オルドリッジはこの試合に出場したが、ロスタイムにマイケル・トーマス英語版のゴールで失点し0-2と敗れ、得点数でアーセナルを下回って[注釈 1]優勝を逃した。試合終了の笛が鳴ったとき、オルドリッジはやるせなくなりピッチへ伏した。その際に、アーセナルのDFで代表ではチームメイトのデヴィッド・オレアリーが起こしに来たが腹立たしげに反応した。

オルドリッジは、少年時代からファンであるこのクラブで104試合に出場63得点、リーグ戦だけに限れば83試合50得点を挙げた。

レアル・ソシエダ[編集]

次のシーズンにラッシュが完全に調子を取り戻すと、ダルグリッシュ監督はシステムを4-4-2に戻し、ファーストチョイスにラッシュとビアズリーを選んだ。そして、リヴァプールは9月上旬のレアル・ソシエダからの移籍金100万ポンドのオファーを受け入れた。また、これによりオルドリッジは、レアル史上始めての非バスク人プレーヤーとなった。[1]オルドリッジはリヴァプールを去る前に行われたクリスタル・パレスFC戦に出場。この試合は、クラブ記録を破る最多得失点差9-0が記録された。オルドリッジは当初ベンチスタートだったが、チームがPKを獲得するとこれを蹴る前に途中出場がなされ、PKを蹴った。[9]試合終了後にオルドリッジは、観客に向かってユニフォームとシューズを投げ入れ、この試合の次の日の1989年9月13日にレアルと契約を結んだ。オルドリッジはレアルで出場63試合・得点33とヒットを記録した。この成功にもかかわらず、家族はバスク自治州のライフスタイルに馴染めなかったため、ちょうど2シーズン過ごした後の1991年に、新しく就任し、かつてリヴァプールで活躍した元ストライカーのジョン・トシャック監督に移籍要求リストを提出した。

トレンメア[編集]

1991年7月11日にマージーサイドへ戻ってくると、トレンメア・ローヴァーズFCが次のステップ先となった。バーゲン価格の移籍金25万ポンドに報いるように、最初のシーズンでクラブ記録となる40得点を決めた。また40ゴール目は古巣のオックスフォード相手に決めた。

1991年8月17日のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC戦に、オルドリッジは32歳で移籍後初めて試合に出場すると、いきなり2得点を決め、2-0で勝利した。最終的にこのクラブでオルドリッジは、カップ戦の25試合22得点を含む出場294試合・得点174を記録、1.7試合ごとにゴールを決めるほどの得点率を誇った。オルドリッジは、1997-98シーズンの終わりに引退した。また、プロとして最後の試合となったウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で2得点した。

オルドリッジの活躍で1993, 1994, 1995年と2部リーグでトップ6圏内とクラブ過去最高位に導くも、プレーオフでは毎回準決勝敗退に終わった。これは、トレンメアがプレミアリーグに昇格出来ず、オルドリッジはトップディヴィジョンへの復帰のチャンスを逃したことを意味した。クラブは、数年前には考えられなかった主要なタイトル獲得に近づいていたが、1993-94年リーグカップ準決勝でのアストン・ヴィラFCとのPK戦にまでもつれ込んだが敗退した。また、偶然にもアストン・ヴィラは、18ヶ月前にオルドリッジとサインしようとしたが、代わりにディーン・ソーンダース(数年前にオックスフォードで入れ替わりに加入した選手)へと目を向けた。

オルドリッジは、イングランドでのキャリアだけでも739試合に出場・411得点を挙げ、1.8試合に1得点の得点率を記録した。

後にオルドリッジはトレンメアで選手兼任監督となり、1996年3月12日にプレーすることを断念し、在籍中の残り2年は監督業に専念した。889試合に出場476得点を記録。イングランドでカテゴリーは違えど複数回得点王になった。

オルドリッジは、監督としてのキャリアをスタートさせると、1995-96年にトレンメアをトップディヴィジョンへ導いた。[10]

トレンメアは、カップ戦で何度もジャイアント・キリングを起こし、2000年にリーグカップ決勝へと駒を進め(レスター・シティFCに敗れる)、FAカップでは2000年, 2001年と2年連続準々決勝に進出した。しかし、2001年には3部へと降格、以来このカテゴリーに留まっている。オルドリッジは、チームが降格する直前の2001年3月に辞任し、以降は監督業に就いていない。

代表[編集]

オルドリッジは、1987年にリヴァプールへ移籍する前にすでにアイルランド代表でプレーしていた。アイルランドサッカー協会がオルドリッジを視察しに行った際に、同じくオックスフォードでプレーしているレイ・ホートンにも代表の資格があったことが判明した。1986年3月26日にランズダウン・ロードで行われたウェールズ代表戦(0-1で敗北)でデビューを果たした。

夏にオルドリッジは、初のメジャー大会である西ドイツで行われたUEFA欧州選手権1988に、ジャッキー・チャールトン監督の下でアイルランド代表として出場した。本大会では、イングランド代表に勝利、ソ連代表に引き分けるも、オランダ代表に敗北したため決勝トーナメントへ進出は出来なかった。オルドリッジは国際レベルの大会で苦戦していたが、プレーの内容は良かったため、チャールトンは決して不幸ではなく、1998年10月19日のチュニジア代表戦で出場20試合目にして初ゴールを決めた。

1989年4月26日に1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スペイン代表戦があったが、ヒルズボロの悲劇の悲しみからプレーすることが出来なかったため辞退した。この試合は、1-0でアイルランド代表が勝利した。[11]

オルドリッジはレアルで成功を収めていたが、イタリアで行われた1990 FIFAワールドカップ準々決勝のイタリア代表戦では、ゴールをこじ開けることが出来ず敗退した。オルドリッジは、この大会全試合に出場したが、5試合全てで途中交代した。

オルドリッジの代表でのキャリアは、1994 FIFAワールドカップのプレーしていない際の事件で国民に記憶されることになった。フロリダ州オラーンドで行われたグループステージのメキシコ代表戦で2-0と負けている中でチャールトン監督は、オルドリッジを途中出場させようとしていたが、審判の認識が遅かったため投入が遅れた。この行動に対し両名は激しく卑語を発し、この言葉ははっきりとテレビ視聴者に聞こえた。特にオルドリッジは第4審判に向かって激しく口撃した。[12][13]その後出場してから6分後にオルドリッジはゴールを決めた。試合後に両名は処罰されたが、最終的にオルドリッジは許された。試合は1-2で敗れたが、オルドリッジのゴールは、次のラウンドへ進出するために必要不可欠なものだった。グループEの全4チームが勝ち点・得失点共に同じポイントで終わったが、アイルランド代表の得点がノルウェー代表よりゴール数が1つ上だったため決勝トーナメントへ進出した。

その後のキャリア[編集]

オルドリッジは、現在様々なメディアで評論家として活動している。特にラジオ局でリヴァプールのホーム・アウェー両方のコメンテーターを勤めている。また、Liverpool veterans' teamでプレーしている。

2006年にはアイルランド放送協会のCharity You're a Starに出場、特別な歌声の才能が無かったにも関わらず、大会で優勝。その過程で小児病院への公認チャリティーでお金を集めた。[14]

オルドリッジはどこへ行っても人気で、特にリヴァプールでは地元出身ということもあり愛された。このため、2006年に公式ウェブサイト上で行われた世論調査で「コップ(リヴァプールFCサポーター)に衝撃を与えた100選手」という投票では26位にランクインした。[15]

2008年3月にオルドリッジは、自伝のオーディオCDシリーズ"60 minutes with John Aldridge"に参加した。このプレゼンターのデヴィッド・ナイトと一緒に自身のキャリアについて徹底的に話し合い、その後セッションに参加。Everyman appeal charityをサポートするためにCDを2000枚コピーすることに同意した。

2009年までリヴァプールのヴィクトリア・ストリートにあるアルドという名のバーの共同経営者だった。バーは、アイルランドのリヴァプールファンが"レッズ"(リヴァプールの愛称)を観戦するための場所として人気。

2008年に、ノンリーグにリヴァプールファンが創ったAFCリヴァプールのパトロンを務めている。

2000年代半ばのニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダルに関与していた疑いがかけられた。[16]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

監督[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c John Aldridge History with Oxford United.
  2. ^ New Straits Times - Oct 27, 1986
  3. ^ Liverpool 1 – 0 Southampton
  4. ^ A timeline for Liverpool Football Club
  5. ^ Classic Cup Finals: 1988
  6. ^ a b Liverpool Results 1988–89
  7. ^ How the Hillsborough disaster happened
  8. ^ Football needs more like Justin Fashanu if homophobic barriers are to be removed
  9. ^ Liverpool 9 - 0 Crystal Palace
  10. ^ John Aldridge: The Tranmere years
  11. ^ Michel's misery, Dublin's delight
  12. ^ The story of the 1994 World Cup
  13. ^ The seven deadly sins of football
  14. ^ John Aldridge wins Charity You're A Star
  15. ^ 100 Players Who Shook The Kop
  16. ^ Ex-Liverpool striker John Aldridge: NoW hacked my phone

注釈[編集]

  1. ^ 勝ち点は76で並び、得失点差も37で並んでいた

外部リンク[編集]