ジョン・エリス (博物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『珊瑚の博物学に関するエッセイ(An essay towards the Natural History of the Corallines)』の表紙

ジョン・エリスJohn Ellis王立協会会員、1710年 - 1776年10月15日)は、アイルランド出身の18世紀イギリスリンネル商人であり、博物学者である。

エリスは珊瑚の研究を専門としていた。1754年に王立協会の会員に選ばれ[1]、翌1755年に『珊瑚の博物学に関するエッセイ(An essay towards the Natural History of the Corallines)』を発表した。1767年には王立協会からコプリ・メダルを授与された[1]。『多くの珍しく興味深い植虫類の博物学(A Natural History of Many Uncommon and Curious Zoophytes)』は、ダニエル・ソランダーとの共著であり、1776年エリスの死後に出版された。

1764年に西フロリダの王室調査官(Royal Agent)、1770年にはドミニカの王室調査官に任命された。彼はアメリカ大陸からイングランドへ多くの種子植物を持ち帰り、カール・リンネを含む多くの植物学者たちと文通を行った。1770年の彼の論文『東インドから種子と植物を持ち込む方法( Directions for bringing over seeds and plants, from the East Indies..)』はハエトリグサを描写した初のイラストを含んでいた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ellis; John (c 1710 - 1776); Naturalist” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]